待ち遠しい

 この二週末を滑れなかった所為か
次の日曜日が待ち遠しいです。
ええもちろんスキーへ!

 車も直ったし準備万端!
とは言えもう3月なのですよね。
今シーズンはゲレンデによっては雪が豊富なので
ゴールデンウィークまでは楽しめるとの話ですが、
自分は其処まではせずとも
3月後半まで遊べればいいかな?
何にしても車をこすったりしているので
もう無理な事はしたくないですけど
それとこれとは別の話?
行きたい病に罹ってしまった様です。
車を使わない方法もあるにはありますが、
それはそれでねぇ…………。

 なんにせよ次のゲレンデ選びが楽しいです。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍スキー場

 『 歩け!歩け! 』って感じでした。

 今日は群馬県にある尾瀬岩鞍スキー場に行ってきました。
昔に何度も行った事があるはず、泊まった覚えもあるのに、
このスキー場の印象が殆ど残っていません。
何かしら良い所、悪い所があったはずなのですけど
当時は友人達についてあちこち回っていたので
着いて行く事に夢中で気が周らなかったのかもしれませんね。

 ネットで事前に情報を入れようと探していたのですけど、
殆ど良い印象の感想しかありませんでした。
自分が唯一持っていたイメージは
駐車場に苦労する事!
このスキー場を訪れる時には必ず前日の深夜に集まって
深夜3時ごろにはスキー場の駐車場に到着するパターンでした。
それもゲレンデに一番近い駐車場に車を置くため。
しかしこの件に関して誰も感想や意見を残していないんですよね。
現在はそれがどの程度の状況なのか、
確認の意味でも出かけて見た訳です。

 今回このスキー場に到着予定の時間は朝の6時過ぎから6時半の予定でした。
実際6時10分には到着できたのである程度計算通りだったのですけど、
結局駐車場に関しては第二駐車場になってしまいました。
あと30分早ければ第一だったのに…………っと現地の人に言われましたが
第一駐車場の規模を考えたら仕方ないとも思えた訳で…………。

 ただ、このスキー場ではシャトルバスを頻繁に出しているんですね。
朝8時からの営業なのに7時15分ごろには既に第一便のシャトルバスが走っておりました。
まして帰りは第二駐車場に関しては殆ど近くまで滑り降りられるので問題ありませんでしたね。
とは言え、遊んでいる時に用事を思い出して車に戻る…………何てことは出来ないレベルの話ですが。

 今日の天候は曇りのち晴れ、朝のうちは雪がちらつくでしょう。
まんまこんな感じでした。
朝一に何度か青空が顔をのぞかせたのですけど、
直ぐに雲に隠れてしまって雪が舞っているゲレンデでした。
それでも次第に青空が見える時間も長くなって行き、
帰り支度する頃にはすっかり晴れていましたね。
ただ、その頃には風が強くなってきていて…………。

 尾瀬岩鞍 (1)尾瀬岩鞍 (2)尾瀬岩鞍 (3)尾瀬岩鞍 (4)尾瀬岩鞍 (5)尾瀬岩鞍 (6)尾瀬岩鞍 (7)

 前日も雪が降り積もっていたのか?
ゲレンデの状況はかなり良かったです。
柔らかな雪を圧雪車が踏み固めて、
それでも中央道方面の様なアイス状態では無くてしっかり雪でした。
しかしその雪の上で板を滑らせると勝手に雪が盛り上がってきて
あちこちに雪の吹き溜まりというか板にまつわりつく感じになってきて
自分の思った通りのラインで滑ろうとするなら、
それらの雪を描き分ける為に足に力が掛かり疲れが…………
楽しかったですよ!でも楽しいのだけど疲れました。
兎に角雪や斜面に関しては文句ありません。

 ただこのスキー場、
一番の問題点を実感しました。
リフトとリフト、もしくはリフトとコースを繋ぐ動線が厳しいのですよね。
『 歩け!歩け! 』なのです。
ゴンドラで山頂に行ってすぐ脇のコースを滑る分には問題ないのですけど
他のコースを滑ろうかな?っと思い移動し始めると
必ずどこかでスケーティング、もしくは階段登行しなければならなくなります。
それは既に駐車場からのレベルにありました。

 第一駐車場がゲレンデに一番近いと言ってもやはりそれなりに歩かされます。
朝一はゴンドラ乗り場の建物にあるチケット売り場が開くのですけど
そこまではシャトルバスで来た人と同じだけ歩かされます。
直線で100m以上って所です。
リフト券を購入して直ぐにゴンドラを乗るにもゴンドラは他のリフトが動いてから動き出すのがパターンなのですが
そこを見越して一番早く動くリフト乗り場まで平地を移動させられます。
リフトを一つ上がって、次の上のリフトに乗る時にも
平地っぽい所を100m超の移動を強制されます。

 このスキー場、裏側にも西山ゲレンデなる物があるのですが、
斜面を滑り降りてきてリフトを探すと、
ずっと平地エリアの端と端にリフト乗り場があります。
こちらはどう見積もっても移動距離200m超です。
その間を歩いて行くかスケーティング、
もしくは一旦近いリフトで上がってもう一つのリフトへ…………ってルートを考える事もありますが
滑り降りてしまった先がなだらかに広がる平面ですから、
勢いを残して…………平面になった途端に勢いは削り取られてしまいました。

 そんな感じであちらでもこちらでもリフトの乗り継ぎや
コースの変更時には歩け歩け体操が始まってしまうのです。
これがこのスキー場の悪い部分ですね。

 スキー場のコースやゲレンデの話、
一番人気のミルキーウェイはゴンドラ降り場から少し降りた所に平坦区間があり、
そこを過ぎても再び平坦区間が現れます。
これらを記憶して遊ぶ分には問題ないレベルですね。
ミルキーウェイは最初尾根過コースですが、
途中から谷筋へとゲレンデは変わってしまいます。
ただどこのコースもゲレンデも横幅は結構あって
初心者が迷い込んでも大丈夫な感じではあります。

 結構中級向けの斜面は多いのですが、
それぞれの好みに合ったゲレンデで遊ぶのが一番かな?
個人的に好きなのは国体女子コース(西山)と言う斜面。
出だしは緩やかでリフト乗り場付近で厳しくなる。
上級者向け指定ですがコブさえできなければ中級でも楽しめます。

 他にもチャンピオンコースAとチャレンジコースA・Bも楽しいです。
ゴンドラに乗れば頂上まで行ける!
っと考えても、今日の様に風が強くなってくると
山頂付近で遊ぶのも困難になってしまい、
最後のまとめ段階では山頂付近のコースを避けて
ゆるゆるな斜面で遊んでいました。

 そんなこんななホワイトワールド尾瀬岩鞍、
どうりでボーダー率が低い訳ですね。
ボーダーの場合は平地の移動がネックですから、
ただ個人的にもこのスキー場、
常連になる事は無さそうです。
楽しいゲレンデもありますけど
一日中このコースを滑っていたい!って思わせるゲレンデが見つからなかったのと
やはりインターから遠い事がネックだと思いました。

 やはり一度は自分の目で見ておかないと
昔のイメージだけで判断するのは好ましくないですね。

呼ばれてる!

 フェイスブックをチェックすると
必ずと言って良いほどスキー場の
『 今日は良い雪があるよ! 』
って話題が目に入る。
それでなくても『 お天気だよ! 』『 青空最高!』
みたいな情報ばかり。
思いっきり呼ばれてる!…………気がする。
ので、また明後日も行く予定。
だけど、最近は週末と天気のかみ合わせが悪く
行く方面を選べても中々思う様な状況にはならない。
それも含めてのウィンタースポーツなんですけど、
やはり好い天気の日に面白いスキー場で遊べたら良いのだけどね。

オニュウ

 先日より新しいスキーウェアを身に着けました。
今まで使っていたウェアが既にあちこちにほころびが見え始めたので
修理も検討していたのですけど
ちょっと気に行ったウェアがかなりお手頃な価格になっていたので
思い切って買ってしまいました。

 近くにあるスポーツチェーン店で見かけて
偶々入ったボード専門のお店でも見つけたので比べてみたら
そちらの方がかなりなお手頃価格に
翌日には現金を手にして駆け込んでいました(爆)
丁度今スキー用品売り尽くし期間なので、
仕事帰りにあちこちちらちら寄って見ているんですけど
そのお店には中々足が向かなかったんですよね。
でもふらっと足が向いてお目当てのウェアに出会ってしまった
超ラッキー!

 今回購入したのはボード系のウェアなのですけど
現在ボード系のウェアの方がファッション性が高く思えてね。
スキーウェアっていかにもスキーします的な感覚な組み合わせが主流で
ボード系は普段着でも着られそうな感覚が良いですね。
ただ以前は腰履きパンツ的なイメージ、
ラッパーだとかDJだとかのイメージが強かった気がするのですけど
最近は大分お洒落感覚になって来た様です。

 ボード系のスノーウェアは基本的には上下別売りで
自分の好みに組み合わせます。
スキーウェアもそういう売り方をしている物も見かけますが
基本的にはスーツ売り、
上下のセット販売の方が多い感じがします。
が、もう既にボードウェアもスキーウェアも
スノーウェアと言う括りになっているのか
どちらのウェアを選んでも問題の無い状況になっております。
特に足元等が一番の問題だと思われたのです。
と言うのもスキーブーツとスノーボード用ブーツと
作りが全然違うのですよね。
スノボブーツは柔らかな素材で出来ている…………気がするのですが
スキー用ブーツはプラスティックなシェルで出来ているので
かなり太く感じていたのです。
が、案外スノボのブーツも太いらしく
ウェアのズボンの裾に両方とも納まりが良いデザインになっている様です。

 そんな感じで新しいウェアを手に入れた事も
先日富士見パノラマスキー場へ行った理由だったりします。
まして今週末にもどこかにお出かけする予定に…………

 流石に五ヶ瀬は無理だけど…………

 っとネタを振ったのでちょっと話を伸ばして、
先日の話題で見つけたのですが
九州にあるスキー場
五ヶ瀬ハイランドスキー場のCMが凄いらしいと聞き
ネットで探して見て見ました…………
確かに怒涛の連発CMは凄い!
あまりにも演技っぽい演技にもちょっと笑ってしまう程で
それ以外にもなんと言うか勢いだけのCMって感じもしたり
きちんと押さえる所を抑えている感じもしたり
凄いなぁっと思ってしまいました。

 五ヶ瀬ハイランドスキー場は二本で一番南にあるスキー場と言う事で
色々な苦労をしているようでして、
現在経営再建中とか?
しかし昨シーズンは雪に恵まれず
今年がホントに勝負の年になっている様です。
CMを見ていて応援したい気持ちはありますが、
流石に関東から日帰りに行くゲレンデでは無いのが残念です。
どうか九州の方、
スキーに行くなら五ヶ瀬も考えてくださいね!

富士見パノラマスキー場

 そんな訳で?先日行ってきたスキー話。
今回向かったのは長野県富士見町にある
富士見パノラマスキー場。
中央道諏訪南インターから7分と言う事を大々的に宣伝しております。
確かにそれくらいの時間で到着できました。
行った時にはチェーンもいらない、
山道も無く九十九折も無く
むちゃくちゃ楽に到着できましたよ。
ただその前の話を…………。

 中央道方面のスキー場へ向かうのは
シーズン初めの小海リエックス以来。
インターから近い事もあって、余裕をもって自宅を出たのです。
富士見パノラマスキー場は、
かなり条件の良いから人気があるだろうと考えながら車を走らせたのですが
中央道を走る車が少ない!?
キャリアを載せている車も数えるほどで、
関越方面のその時間だと所々に渋滞発生しそうな雰囲気があるのに
何処にもそれらしき兆しはありませんでした。
サービスエリア等もスカスカでむちゃくちゃ余裕で駐車できたし
なんでこんなにも違うのだろう???っと。
現在の関東地方のスキー事情としては
関越と東北方面がメインになっている様です。

 諏訪南インターに近いSAで朝食を摂ったのですけど
そこも席がガラガラでした。
時間は朝の6時。
関越方面だとラストスパートで我先にとそれぞれのスキー場を目指す時間です。
こちらはまだまだのほほんとした空気が流れておりました。
6時過ぎにサービスエリアを後にしてスキー場を目指したのですが
カーナビの情報では7時前には到着してしまうとなっており、
普段のスピードを抑え気味にわざと走ってみた物の
カーナビの高速速度計算は時速80kmらしく
誤差が殆ど無く到着してしまった。
スキー場の駐車場でも自分はまだ20番目ぐらい。
それ程車が無い。
こりゃどうなるんだ???
等と思いながらも適当に写真を撮り始めてみました。

富士見パノラマ (1)富士見パノラマ (2)富士見パノラマ (3)
 まだこの時間は晴れており
良い天気で遊べそうだ!っと思ったのですけどねぇ…………不穏な雲行きが…………。
ええ、リフトが動き出した頃には青空がどこかに消えておりました。

 富士見パノラマ (5)
やはりここは人工降雪機のスキー場ですね、
自然雪は中々降らない場所らしく
この季節でもこんな具合にリフト下は地面が見えておりました。

 時間が経ち、ゴンドラが動き出した頃には
ゴンドラのおりくち辺りは吹雪の様に細かな雪が風に流されておりました。
結局その後数分でスキー場全体が雪の中。
元々それも覚悟のうえで遊びに来たので文句は無いのですけど…………。
富士見パノラマ (6)富士見パノラマ (7)富士見パノラマ (8)
幸いと言えるのは風がそれ程強くなかった事かな?
ゴンドラはずっと動いていたのでそれだけは良かった。
ただ、これだけ降ってしまうと上部のゲレンデで遊ぶ人の姿もちらほらって感じでした。

 さて、富士見パノラマスキー場は3本のルートがあります。
一つは初心者向けのゲレンデ、
真ん中にはセンターゲレンデと言う初・中級者向け。
最後に3kmロングランが楽しめる中上級者向けのコースです。
初心者向けは滑らなかったのですけど、
センターゲレンデは上部が中級者向けになっており、
かなり滑りやすいフラットな斜面でした。
最後の中上級者向けのコースは
ゴンドラ以外に下部に一基、上部に二期のリフトがあり、
所々で遊べるようになっております。
が、上部と下部を結ぶリフトが無く、
上で遊んでいる時にうっかりリフト乗り場を過ぎてしまうと
強制的に上級者向けの厳しい斜度を滑り降りないといけないと言う罰ゲーム仕様。
ある程度滑れる技術があれば
時間を掛けて降りる事は可能です。

 しかしやはりと言うかこのスキー場、
雪が固い!
スピード好きな人には良いけど、
自分はスピードコントロールが面倒に思い
もう少し柔らかいゲレンデで遊びたい方です。
ただ、センターゲレンデは何度も何度も滑ったほど楽しめます。

 行く前は中上級者向けの3kmロングコースを何度も滑ろうと考えていたのですけど
実際滑ってみると斜度とバーンの硬さ、
それと尾根筋と言う気の緩めない斜度変化やウネリと
コース幅の厳しさに辟易してしまいました。
それでも高速のインターからこれだけ近いスキー場は
重宝するのも事実で、
11時ごろに帰り支度をしてみるとあれほどスカスカだった駐車場は
いつの間にか満車状態!
今のスキーヤーはゆっくり自宅を出てくる人が多いのかな???
ノーマルカレンダー
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード