滑り収め

岩原 (4)

 無事に行って来られました。
今朝はついつい3時には目が冴えてしまって
そのままスキー場へ!
既に3月半ばと言う事で、
高速では以前程の車列は見られませんでした。
余裕で朝5時には赤城SAで食事を摂り、
湯沢にある岩原スキー場の第一駐車場…………
では前回以上の車が既に止まっておりました。
っと言うのもこのスキー場、
昨年末に一度訪れているのですよね。
今シーズン二度目って事で、
しかも先日のTVでこのゲレンデ内にあるイタリアンレストランが紹介されていたりなので
その辺の話題性もあったのかな?
今日はかなり人出が多かったように思えます。

岩原 (1)岩原 (2)岩原 (3)

 またもや今回もゲレンデの営業が始まる前の写真を撮ってきました。
レストランもこうやってガラス越しに写真を撮るとなんとなく…………
スノーモービルかっけぇっ!!

 岩原 (5)

 ところでリフトに乗っている時にこんな空を見たのですけど。
今日はうす曇りではありましたけど青空が見えていたんですね、
その薄い雲を飛行機が横ぎったのかな?
ジャンプ漫画のBLEACHで巨大虚が登場するシーンを思い出したよな???

 先にも述べましたが、
今日はかなり人が居たようです。
ゲレンデはfull営業でどのリフトも時間通りに営業開始。
しかしこのスキー場、強いのはメインゲレンデにあるペアリフトが二線、
混雑を感じた時点で直ぐに二線ともに稼働してくれるところです!
しかしそれでも裁ききれていなかったのも事実。
ってこんなに混雑するのっていつもなのかTVの影響なのか???

 このスキー場、写真でも判る様に
幅広いゲレンデが魅力です。
リフトの混雑はあるもののゲレンデの混雑はそんなに気にならないのが最高!
その上あちこちに無料で楽しめるゾーンを作っていたりするんですよね。
子供向けの遊び場やスラロームコース、
600mを超える無料のソリゲレンデと。
自分もスラロームを何度も滑らせてもらいました。
岩鞍に行ってからスラロームが出来る所では外せなくなってきたかな。
結構面白い!

 そして9時過ぎには山頂のクワッドが動き出したので
行ってきました飯士ジャイアント!
もちろんコブコブコースを適当に休み休み降りてきました(爆)
岩原 (6)岩原 (7)
 昔このコースを滑った時は硬めのコブがびっしり張り付いていたのですけど
最近は迂回コースも多く、
そんなに滑る人が減ったのか柔らかいコブが沢山有りました。
その上雪質が特に柔らかく、
ちょっと滑っただけで内腿が…………あぁビクつく!
面白かったのですけどね、
雪質は好いと足の力が必要で疲れてしまうので
一日1・2回が限度かな?
今日は一度降りたら満足しちゃいました。

 朝のうちは少しカリカリ気味のゲレンデでしたが
10時近くなるとリフトに乗っていても暖かな日差しに少し汗ばむ感じ。
風も無かったのでとても快適に過ごせました。
岩原 (8)
やはりこのスキー場の魅力は
広さと南斜面の温かさと開放感!
ただ東京から遠いのが難点ですが、
高速を降りてからはかなり近いのも魅力で……
峠道や九十九折も無いし。

 今シーズンは色んな行った事の無いゲレンデを目指しましたが
結局完全に初めてだったのは佐久スキーガーデンパラダと
富士見パノラマと草津国際スキー場の3か所。
しかし色んなスキー場を目指すのも良いのですけど、
あちこち目移りしてしまうと言う難点も判りました。
来シーズンはしっかりベースのスキー場を決めて
通い詰める位の気持ちで臨みたいと考えています。
…………とは言え、まだパルコール嬬恋や鹿沢ハイランド、
湯の峰や白樺国際、ピタラス蓼科等が気になっていたり(大爆)

目指すは湯沢……

 明日は今シーズンの滑り収め。
目指すのは湯沢にあるスキー場!
…………なのだけど、
こればかりは起きた時間で変更する予定。
とは言え、先週までの様に極力迷わず
行くと決めたら一直線!って行きたいものです。
車の運転をしながら行先を考えるのって
やはり集中力を欠いているのが事実で
危ないですよね。
まして関越道、
スキー場を目指す車は多くって
もう迷いなく行くべき場所を目指したい
のですが…………

ふじてん

 今日は久々のスキーです。
が、前回の失敗を踏まえてかなり近場のゲレンデを選びました。
今回遊んだのは山梨県のふじてんスキー場。
中央道河口湖ICから13kmで到着。
自宅からも2時間掛からずに着きました。
それも食事を摂った上でですよ。
富士山 (1)富士山 (2)富士山 (3)富士山 (4)

 こうなるとやはり富士山尽くしです。
一枚だけ反対方向を向いているのがありますが、
真ん中にふじてんのレストハウスがあります。

 ここは自宅から近いので家を出る時間も遅めにしたのですけど
それでも早く着いてしまいました。
と言うのも、こちらの駐車場は7時から解放で駐車料金1000円です。
時間まではゲート前にずらっと並んで……。
その上、レストハウスが開くのが8時から、
リフトが動くのが8時半からが休日のスケジュール。
平日だとリフトが9時からってのがね……。
他のスキー場と一緒に考えてしまって失敗した。

 以前も記したかと思われますが再び。
このスキー場のメインゲレンデは二本ですが、
それの為のリフトが高速クワッド一本のみ。
人気のあるコースなので酷く混雑します。
その中でボードとスキー板がせめぎ合うのですが、
リフトのチェックが自動改札で4ゲート。
リフトを挟んだ両方向から滑って来た人達が並ぶものだから
『 人 』の字型が出来上がる。
その中でスマホで連絡を取っている人や
仲間と一緒に乗る為に集団を作っていたりで非常に雑多な状況。
リフト乗り場前の広場の狭さもあるのだろうけど、
それ以上に人気のスキー場で人が集まり過ぎているって事もあるのですよね。
ただ、そのコースを選ばなければ案外すいすいと滑れる斜面もあります。

 そちらはいわゆる中上級者向けの斜面なんですけどね。
前回このスキー場に来たときは雪不足でそちらには足を向けなかったのですけど
今日は行ってきました。
ただ、それらのコースは距離が短いのが残念な所。
そう言えばメインの二本も今日に限っては酷く短く感じたなぁ。
他所のスキー場に慣れてしまうとこういう感覚になるのかもしれません。
以前はメインコースが丁度いい距離に思えていたので
何時までも良い印象のスキー場だったのですけどね。

 今年もこの近辺は雪が少ない様で、
以前紹介した富士見パノラマスキー場も
長野の富士見近辺、山梨の中央道沿いのスキー場では自然雪が少なかったのでしょうね、
リフト下は殆どが雑草や枯れ木が茶色く横たわっておりました。
それでも雪が作れたのは寒さだけはあったと言う事でしょうね。
おかげでどのコースもしっかり滑る事が出来ました。
残念なのはやはりバーンが固かった事、
所々でカリカリガリガリとエッジが氷を削る様な音が…………。

 それでも半日十二分に楽しんできましたよ。
やはり朝の中央道はスキー場へ向かう車が関越道方面に比べて少なく
走りやすいのは良かったですね。
それでもスキー場の状態の良さを考えると
関越道方面に今度は足を向けるでしょう。
一応次回で今シーズンの滑り収めにする予定ではあるのですが…………。

富士山 (5)

 ちょっと違った場所から撮影してみた富士山。
この地域はちょっと開けているだけでこれだけの姿が拝めるのが良いですね!


待ち遠しい

 この二週末を滑れなかった所為か
次の日曜日が待ち遠しいです。
ええもちろんスキーへ!

 車も直ったし準備万端!
とは言えもう3月なのですよね。
今シーズンはゲレンデによっては雪が豊富なので
ゴールデンウィークまでは楽しめるとの話ですが、
自分は其処まではせずとも
3月後半まで遊べればいいかな?
何にしても車をこすったりしているので
もう無理な事はしたくないですけど
それとこれとは別の話?
行きたい病に罹ってしまった様です。
車を使わない方法もあるにはありますが、
それはそれでねぇ…………。

 なんにせよ次のゲレンデ選びが楽しいです。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍スキー場

 『 歩け!歩け! 』って感じでした。

 今日は群馬県にある尾瀬岩鞍スキー場に行ってきました。
昔に何度も行った事があるはず、泊まった覚えもあるのに、
このスキー場の印象が殆ど残っていません。
何かしら良い所、悪い所があったはずなのですけど
当時は友人達についてあちこち回っていたので
着いて行く事に夢中で気が周らなかったのかもしれませんね。

 ネットで事前に情報を入れようと探していたのですけど、
殆ど良い印象の感想しかありませんでした。
自分が唯一持っていたイメージは
駐車場に苦労する事!
このスキー場を訪れる時には必ず前日の深夜に集まって
深夜3時ごろにはスキー場の駐車場に到着するパターンでした。
それもゲレンデに一番近い駐車場に車を置くため。
しかしこの件に関して誰も感想や意見を残していないんですよね。
現在はそれがどの程度の状況なのか、
確認の意味でも出かけて見た訳です。

 今回このスキー場に到着予定の時間は朝の6時過ぎから6時半の予定でした。
実際6時10分には到着できたのである程度計算通りだったのですけど、
結局駐車場に関しては第二駐車場になってしまいました。
あと30分早ければ第一だったのに…………っと現地の人に言われましたが
第一駐車場の規模を考えたら仕方ないとも思えた訳で…………。

 ただ、このスキー場ではシャトルバスを頻繁に出しているんですね。
朝8時からの営業なのに7時15分ごろには既に第一便のシャトルバスが走っておりました。
まして帰りは第二駐車場に関しては殆ど近くまで滑り降りられるので問題ありませんでしたね。
とは言え、遊んでいる時に用事を思い出して車に戻る…………何てことは出来ないレベルの話ですが。

 今日の天候は曇りのち晴れ、朝のうちは雪がちらつくでしょう。
まんまこんな感じでした。
朝一に何度か青空が顔をのぞかせたのですけど、
直ぐに雲に隠れてしまって雪が舞っているゲレンデでした。
それでも次第に青空が見える時間も長くなって行き、
帰り支度する頃にはすっかり晴れていましたね。
ただ、その頃には風が強くなってきていて…………。

 尾瀬岩鞍 (1)尾瀬岩鞍 (2)尾瀬岩鞍 (3)尾瀬岩鞍 (4)尾瀬岩鞍 (5)尾瀬岩鞍 (6)尾瀬岩鞍 (7)

 前日も雪が降り積もっていたのか?
ゲレンデの状況はかなり良かったです。
柔らかな雪を圧雪車が踏み固めて、
それでも中央道方面の様なアイス状態では無くてしっかり雪でした。
しかしその雪の上で板を滑らせると勝手に雪が盛り上がってきて
あちこちに雪の吹き溜まりというか板にまつわりつく感じになってきて
自分の思った通りのラインで滑ろうとするなら、
それらの雪を描き分ける為に足に力が掛かり疲れが…………
楽しかったですよ!でも楽しいのだけど疲れました。
兎に角雪や斜面に関しては文句ありません。

 ただこのスキー場、
一番の問題点を実感しました。
リフトとリフト、もしくはリフトとコースを繋ぐ動線が厳しいのですよね。
『 歩け!歩け! 』なのです。
ゴンドラで山頂に行ってすぐ脇のコースを滑る分には問題ないのですけど
他のコースを滑ろうかな?っと思い移動し始めると
必ずどこかでスケーティング、もしくは階段登行しなければならなくなります。
それは既に駐車場からのレベルにありました。

 第一駐車場がゲレンデに一番近いと言ってもやはりそれなりに歩かされます。
朝一はゴンドラ乗り場の建物にあるチケット売り場が開くのですけど
そこまではシャトルバスで来た人と同じだけ歩かされます。
直線で100m以上って所です。
リフト券を購入して直ぐにゴンドラを乗るにもゴンドラは他のリフトが動いてから動き出すのがパターンなのですが
そこを見越して一番早く動くリフト乗り場まで平地を移動させられます。
リフトを一つ上がって、次の上のリフトに乗る時にも
平地っぽい所を100m超の移動を強制されます。

 このスキー場、裏側にも西山ゲレンデなる物があるのですが、
斜面を滑り降りてきてリフトを探すと、
ずっと平地エリアの端と端にリフト乗り場があります。
こちらはどう見積もっても移動距離200m超です。
その間を歩いて行くかスケーティング、
もしくは一旦近いリフトで上がってもう一つのリフトへ…………ってルートを考える事もありますが
滑り降りてしまった先がなだらかに広がる平面ですから、
勢いを残して…………平面になった途端に勢いは削り取られてしまいました。

 そんな感じであちらでもこちらでもリフトの乗り継ぎや
コースの変更時には歩け歩け体操が始まってしまうのです。
これがこのスキー場の悪い部分ですね。

 スキー場のコースやゲレンデの話、
一番人気のミルキーウェイはゴンドラ降り場から少し降りた所に平坦区間があり、
そこを過ぎても再び平坦区間が現れます。
これらを記憶して遊ぶ分には問題ないレベルですね。
ミルキーウェイは最初尾根過コースですが、
途中から谷筋へとゲレンデは変わってしまいます。
ただどこのコースもゲレンデも横幅は結構あって
初心者が迷い込んでも大丈夫な感じではあります。

 結構中級向けの斜面は多いのですが、
それぞれの好みに合ったゲレンデで遊ぶのが一番かな?
個人的に好きなのは国体女子コース(西山)と言う斜面。
出だしは緩やかでリフト乗り場付近で厳しくなる。
上級者向け指定ですがコブさえできなければ中級でも楽しめます。

 他にもチャンピオンコースAとチャレンジコースA・Bも楽しいです。
ゴンドラに乗れば頂上まで行ける!
っと考えても、今日の様に風が強くなってくると
山頂付近で遊ぶのも困難になってしまい、
最後のまとめ段階では山頂付近のコースを避けて
ゆるゆるな斜面で遊んでいました。

 そんなこんななホワイトワールド尾瀬岩鞍、
どうりでボーダー率が低い訳ですね。
ボーダーの場合は平地の移動がネックですから、
ただ個人的にもこのスキー場、
常連になる事は無さそうです。
楽しいゲレンデもありますけど
一日中このコースを滑っていたい!って思わせるゲレンデが見つからなかったのと
やはりインターから遠い事がネックだと思いました。

 やはり一度は自分の目で見ておかないと
昔のイメージだけで判断するのは好ましくないですね。
ノーマルカレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード