ピラタス蓼科スノーリゾート Part2

 昨日の続き記事です。
ピタラス蓼科スノーリゾートのゲレンデ関係の話。
事前の調べではロープウェイ利用する事で
最長4kmの滑走が可能と言う事を売りにしております。
しかし実際それを滑ってみると、
一気に滑るには自分の体力がちょっときつい事が判明!(爆)
ただし、朝一で滑った時はそう思ったものの
2・3度滑って見たら力の抜きどころが判った様な感じで
そこまで苦では無くなりましたけど。

ピラタス蓼科 (2)
 っと自分情報は置いておくとして、
このスキー場、ロープウェイと2本のリフトと言う構成。
ロープウェイは夏場も利用する高山植物などを観察する
『 坪庭 』と呼ぶ地域までの足として活用しています。
しかし冬季でも手軽に雪山を体験する登山者も多く、
スキーヤー、ボーダー以外にザックにスノーシューを括りつけた人も多く見られました。
坪庭を夏場に一周すると1時間も掛かりませんが、
今の時期はそれ以外にも近場の山頂を目指す人も多い様で
朝一で登る人ばかりでなく、
次から次へと登山利用者は途切れませんでした。
っと言う事は、
ロープウェイは100人乗りなので
何度も利用して遊べるだろうと考えていた事が出来ず、
ましてロープウェイは定時運行なので、
一本逃してしまうと次まで待つようになるのね。
当初は『 20分間隔で運行します! 』とのはなしが、
いつの間にか10分間隔での運行に切り替わっておりました。
それでもロープウェイ待ちの列が伸びてきて、
30分待ってやっと乗れた時には……。

 ロープウェイと並んで長いクワッドリフトがあります。
こちらはクワッド・4人乗りの高速リフトでした。
朝一で滑る人が少ない時間はみんなロープウェイに集中して
ガンガン滑る事が出来ました
このリフト利用は1kmちょっとの滑走が可能で
適度な中斜面が楽しめます。
そしてこのリフトを利用すれば、
ロープウェイでしか滑れない所を除けば
このスキー場のどの斜面も滑れます。

 ゲレンデを挟んでスキー場下部の斜面の真ん中にあるリフトは3人乗り。
リフトの速度はゆっくり目で初心者や子供向け的な位置づけ。
しかし朝一で滑走者が少ない時間は運行せず、
利用者が増えてきたころに運行を始めておりました。
自分が利用する事はありませんでした。
と言うのは、ロープウェイとクワッドを利用すれば事足りる訳で
利用する理由が無かったのですね。

 これらの理由から時間が経つにつれて厳しい理由がどんどん出てきます。
10時過ぎごろにはクワッドリフトの順番待ちが出てきて、
ロープウェイはそれ以上に順番待ち。
ロープウェイ待ちしている間に何本滑れるか?
っと考えるとクワッド利用した方が良いかと思われますが、
コース、ゲレンデの規模の小ささから飽きが来てしまうのですね。
で、変化を求めるにはロープウェイなのだけど、
待っている間は滑れない訳で…………。
スキーブームのリフト待ちを思い出してしまいましたよ。

 リフトの悪い印象は他にもありまして、
クワッドリフトやロープウェイの乗り場へのアクセスが決まりすぎてて
一本しか無い事と狭さがあって嫌な混雑を感じました。
それでも高速リフトな事で回転率は高めな事と、
遅めのリフトがある事で子供、初心者を分ける事には成功している様で
クワッドが止まる事は少なかったのが良かったところ。

 リフトの話はそんな感じで、
あとはゲレンデの話。
個人的に感じたのは狭さ。
幅が無いのですよね。
勿論一人で滑る分には十分な幅でパラレルターンも楽しめるのですけど、
滑走者が増えてくるとあちこちで衝突の危険も……。
ゲレンデと言うよりもコースと呼んだ方が良さそうな形でした。

ピラタス蓼科 (3)ピラタス蓼科 (4)ピラタス蓼科 (5)

 それと斜面も緩い所と急な所が細かく並んでいて
初心者が安心して楽しめる造りでは無い感じがしました。
その上、初心者初級者が利用するリフトの向こう側に急斜面があって
上中級者がその斜面を滑る時にはゲレンデを横切る形になり
どうしたってトラブルや事故の一因になる構成なのがね。

 それとロープウェイ利用するコースも、
コース幅は狭目で短い急斜面と長いだらだら斜面
良い所は、ある程度のスピードがあれば緩い斜面を漕がなくても済むけど、
初級者には優しくないかな?
それと上級者向け斜面はある程度の安定した斜度と距離があるけど
それを滑ってしまえばたらたら斜面。
今回はコブは無かったけど、
そこを何度も滑るにはロープウェイを利用するしか無く……。

 最後に、
今回天気はある程度安定していたのだけど、
風が強くてそれも斜面を駆け上がる様に吹く風だったものだから
スピードが出ない。
っと言うか、滑っていても止められそうなほど強い風。
ただロープウェイが止まる話は無かったので
普段も似た様な風速の風は普通にあるのだろうと思われる。
っと言う事は、
風が強くて寒いゲレンデって感じですね。

 面白い面も多少はあるけど、
個人的には色々な理由で
利用しづらいスキー場に思えました。

ピラタス蓼科スノーリゾート Part1

ピラタス蓼科 (1)
先日の土曜日、
ピラタス蓼科スノーリゾートでスキーしてきました。

 このスキー場のリフト運行開始時間は9時から。
他のスキー場は8時や8時半なので遅めです。
なので自宅を出るのも遅め5時に設定して出かけたのですが、
やはり一時間前には駐車場に到着しました。
でも駐車場で運転疲れを癒す時間は今は必要です(爆)

 この冬の各方面のスキー場の降雪状況を見て来たとおり
やはりこちらは自然降雪がかなり少ない。
高速を降りてもスキー場への経路でも路面に降雪はありませんでした。
路肩に少し残っている程度で、
ピタラスの駐車場も全然冬タイヤ要らず。
路面凍結もその可能性のある場所でも見当たりませんでした。

 しかしピタラス蓼科への道は険しかった。
高速利用距離が135kmと言うのは、
関越方面だと関越トンネルまでの距離になる。
その上一般道を26km走る事になる。
ほぼずっと登坂。
しかも後半は斜度もきつくなりつつ
ウネウネくねくねと急なカーブの連続!
まだ沼田の玉原へ行く道の方が楽に思えました。
が、そちらはそちらで路面に積雪があるのがネックなんですよね。

 帰宅してから考えてみると、
関越方面の湯沢に行った時以上に
往復の運転疲れはある様に感じました。
それでもまだ魅力的なのは路面状況と天候が安定している事かな?
ただその所為でゲレンデの固さは逃れられない一面も。
何方にしても一長一短ある訳ですね。
ただ今回はマイナス面がかなり目立ってしまった部分もありまして……。
この話は明日にでも。

少し物足りない?

 二月後半になって、
すこしだけ寒さも緩んできた感覚。
先日もスキーに行こうと考えた物の
仕事の疲れと今一つスキーのイメージが浮かばなかった事で断念。
一月から二月の寒さってのがやはりかなり強烈なイメージだった様。

 それでも今週末に職場が休業となり
スキーに出かける予定にしていますが
何処に行くかがまたまた……。
先日の湯沢岩原は天気を読めなくて失敗した。
今週末は場合によってはシーズンの滑り収め。
ただ今シーズンはもう一二度位は滑りに行きたい気持ちも残っているけど
予定は中々組めないのでね。

 現在の天気予報では
群馬新潟方面は雪の模様で
やはり中央道方面が狙い目なのかな。
あちらはあちらでアイスバーンが怖いのだけど…………。

あれもこれも!

 昨日帰宅して最初に見たTVがオリンピック中継、
しかしそこにはスキーのフリースタイルの絵だった。
フリースタイルの板って最近ゲレンデでも良く見かける様になりました。

 板の前も後ろも三角形に反り返っているのがフリースタイル用の板なんですね。
TVの解説で判った事ですが、
夫々に好みに合わせてエッジを落としている様です。
とは言え、エッジがある程度無いとジャンプが難しいとか
エッジが効き過ぎても引っかかってターンに支障があるとか。
前向いて滑ったり後ろ向きで滑ったりしているのだから
そりゃ大変だわ。

 って、個人的にも時々普通にバックで滑る事もできますが、
それって単に止まる時に後ろにズルっと滑る程度の話で
もしくは殆ど平坦な初心者用ゲレンデでの話だから
全然映像映えしない遊び。
ジャンプもたまにチャレンジするけど、
やはり宙に浮いた瞬間に後傾になってすっ転ぶのが落ちって感じ。
やはり難しいねぇ……。

 っとそんな番組の後に始まったのが
女子スーパー大回転!
これもまた面白い!!!
国内選手は出場しておりませんでしたが、
見ているだけで楽しめました!
が、それ以上にスノボの有力選手が
この種目で、その上最終滑走で優勝金メダルって!?
あれだけゲレンデが荒れた状況で
良くそれだけの滑りが出来たものだと凄く感心します。
大概最終滑走のタイムって落ち気味なんですよね。

 以前木村公宣がスラロームで活躍している頃、
Wカップスキーの中継で解説された話。
どんな有力な選手でも滑走順を考えると
一ケタ後半が望ましいとか。
そのタイミングが一番ゲレンデが安定しているとか、
まだ掘れていない分板のコントロールが効くとかって
聞いた覚えが在りまして。

 でも、その最終滑走者のゴールした後の表情がこれまた!
ずっとボー然として何が起こったのか理解できなかった本人。
それが1・2分も続くとホントに頭が止まっている事があるものだと
知りましたよ。

 そんな感じでオリンピック、
どうにも楽しんでしまいまして…………。

 あ、羽生と宇野の滑りも凄かったね!
まさか金銀と一緒に取るとは考えられなかった。
その上夜に放送されたカーリング女子。
OAR相手に7endに高得点スチール!
一勝をもぎ取ったゲームは本当に面白かった!
あぁこんな映像がまだまだ連日続くのかと思うと…………

モーグル!

 先日のオリンピックでの話題。
男子モーグルでメダル獲得!!!
とても嬉しい話題ですが
自分は残念ながら見逃しました。
ちょっとニュースで流れている映像を一度見た程度。
しかしホントに簡単に滑っている様に見えますよね!

 自分もああなりたいと思うのだけど、
やはりまだまだキャリアが足りない。
最近になってやっとフリーで遊べるスラロームを攻めるのだけど
それだってやっとこさ。
こぶ斜面に対して苦手意識もある。
たまにはチャレンジするのだけど、
幾つかのコブをクリアしては休み、
クリアしては休みを繰り返している。
それで『 自分は整地ゲレンデスキーヤー 』だって言い訳している。
でも新雪に突っ込んでみたり、
急斜面に向かってみたり。
まだまだだってのは承知の上だけどね。
でもやはりコブに飛ばされるのは怖いし、
怪我も御免だし。
もっと20代の頃に通っておけば…………。

 思い返してみれば、
あの当時はお金や仕事を理由に友人の誘いを断っていたりするのですよね。
年中無休のお店に努めていたら
自分だけ休んで遊ぶことに罪悪感を感じてしまって
それが出来なかったのですよね。
今となっては『 休むのも仕事の為 』っと考えられるようになったのに。

 それでもやはり諦めなければ
もう少しこぶ斜面を滑れるようになるだろうし、
場合によってはモーグルらしきことも出来るかな?
その前にジャンプした後に空中で後傾にならないように
空中での体感の意識を磨かなければ……。
ノーマルカレンダー
<< 04
2018
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード