断念

 予定していたSKIを断念する事にしました。
先月曜日に降り積もった雪の後遺症ですかね?
火曜日に職場の雪かきで消耗したのか
逆に雪を堪能した為か
気持ちがそこまで奮い立たない?
ま、今回は良いか!
って気持ちになってしまっているんですね。
しかし前回から3週程間が空いているので
少しは気持ちはあるにはあるのですが、
草津の事件も関係しているのかな?
ま、明後日になって行きたい気持ちになったら
行けば良いや!
っ的な考えもあったりもしますが……。
土曜日は断念です。

凄い事が起こってしまった

 まさか週末に予定していたスキー場で
この様な事が起こってしまうとは。

 不謹慎と思われるかもしれませんが
週末には草津国際スキー場へ遊びに行く予定でした。
魅力的なのがゴンドラとその下の二つのロングコース。
凄く楽しいスキー場だと昨年判った事での
ロングコースが安定して遊べる時期を淡々と狙っていて
さて行くぞ!っと思ったら白根山の噴火。
被害に遭われた方は災難でしたとしか言えませんが、
まさか事前の予兆も無くこんなことが起こるとは誰も思いませんよね。

 ニュースの話を纏めて自分なりに判った事と言えば
噴火したのはゴンドラが動き出して皆が山頂を目指している時間帯ですね。
一番人の流れがあった時間だと思われます。
あそこのゴンドラは結構長いのと
高所を移動するので途中下車も叶わず、
停まってしまうと完全に閉じ込められてしまいます。
それでも何とか山頂まで辿りつけたようですけど
あれだけ噴石が飛んでいると
滑り降りるのは危険だし、
ゴンドラは電気が止まったとの話もあるし。
夕方に全員下山できたと聞いた時には
速やかな行動で対応した自衛隊や警察や地元の方に拍手を送りました。

 今の時代、
スマホで簡単に動画や写真が撮れることで
沢山の映像情報があるのが凄く良い事に思えます。
今まで聴いただけでは判らなかった事が良く理解できますし
それで自分達も急な備えや心に準備が出来る訳ですし。
とは言え不幸な事に巻き込まれた方には
どういう気持ちを向ければいいのかはなんとも答えにたどり着けませんね。

 所で白根山と言うのは今回の草津白根山以外にも
日光白根山と言う物があり、
その斜面にも丸沼スキー場があります。
が、そのスキー場と草津スキー場は位置が全然違う場所にあり
そちらは普通に営業されております。

 日本はやはり火山列島、
少しはそういう覚悟をして山へ向かう必要性を
今まで以上に感じました。

もっふもふ

 先日の1月7日、
やはりスキーへ行ってきました!(爆)

 今回行ったのは再びの玉原スキーリゾート。
自宅を出遅れたのがね……。
目が覚めたら2時過ぎで
『 まだ早いなぁ…… 』
っと思ったら4時間近だった(汗)
そこから準備して出かけたのだけど、
湯沢の岩原スキー場を目指して高速を飛ばしてる途中の情報。
『 水上の手前からチェーン規制 』
…………ちょっと面倒だから玉原に変更するか。
って感じです。
でも多分湯沢まで行ったほうが雪道は走り易かったんじゃないかな???

 玉原スキー場とICのルートの半分は山道。
しかしその直前から既に圧雪された道路が横たわっており
距離13kmの殆どを雪道走行。
スタッドレスを履いたと言っても
ちょっとスピードが出ていればタイヤは滑るし
きついカーブもスムーズには曲がれない。
前回は完全に乾道だったから早く行けたけど
今回はその倍くらい時間が掛かった。
それでも朝の7時には駐車場へ着いたけどね。

 しかし玉原でも正解!
この連日の雪でゲレンデがもっふもふ!
ほっわっほわっの圧雪斜面!
ちょっと力を入れただけで板のエッジが深く溝を作ります!
今日ばかりはスノボで大ゴケしても痛くないだろうし
ドスンと背中を打っても楽しかっただろうなぁ……
残念な事に?自分はこけなかったよ。
とは言え、柔らかな雪の圧雪斜面は圧雪しきれていない事で
ゲレンデに小さなコブや雪片や自然と雪玉を作っていて
時間が経つにつれて滑りづらくなる一面もありました。

玉原17 (1)
 駐車場を使い易くしてくれている除雪車さん!
お疲れ様です(爆)
見ていて気持ちが良い物ですよ。
この他にもブルドーザーやら圧雪車やらで駐車場などを整備してくれていました。

 玉原17 (2)玉原17 (3)玉原17 (4)
 朝一は多少の青空も覗いたのですけど
早い時間は風が強くって
メインのクワッドリフトに乗っているだけで寒さを感じました。
どんなに滑っても体は冷えているし、
リフトに乗っている間は指先が凍えそうな感じ。
フェイスマスクが無いと辛い日でした。

 が、昼近くなって青空が覗いてくるんですよね!
大きく!
玉原17 (5)
 ただこの頃になると、現在の自分の体力はほとほと削られており
この青空の下で滑ったのも僅か2本程。

 でも今回はちょっと新雪斜面も楽しみました。
普通だと板がどんどんと雪に埋まってしまうのだけど
新雪斜面の脇の辺りだけで遊ぶようにして
それも板の前を浮かせるように小刻みにジャンプしながら滑ったら
ほわっほわ感の新雪の浮遊感を楽しめました。
これ、スノボの板だったらもう少し浮きやすそうなのですけどね。
滑走部の面積が大きいから。

 それでも3時間じっくりと楽しんできました。
こんなにゲレンデ状況の良い日は
今年あと何回出会えるかな???

初日の出は富士山で……

 元旦はスキー場で過ごしました。
以前なら泊りがけで野沢温泉だったのですが
今は一人、日帰りで富士山。
今回は咄嗟の判断で近場にしました。
特に湯沢方面はこの処の大雪が気になるのですよね。
まして現在は写真を撮りたい気持ちもあったので
天気のいい場所を選びました。

 実は他にも理由が合って、
今月末に職場の若手たちとスノボにチャレンジを計画中。
その下見も兼ねておりました。
ましてやっとここのゲレンデの上級者向け斜面が解放されたことで
遊べる範囲も広がった事も理由です。
もひとつ!
実はこのスキー場では一度も滑った事の無い斜面がありまして。
それは初級者向けのコース。
滑走距離が短く斜面も緩やかと聞いていたのですけど
スノボ初心者ならこの斜面を使うだろうと言う憶測もあり
一度くらいは滑っておこうと思った訳ですね。

 そんな訳で朝はまったりゲレンデを目指し
それでもオープンの1時間前の7時には到着しておりました(汗)
やはり近い。

 しかし元旦にスキー場へ行ってみるものですね。
お年玉価格で一日券が普段の半額で購入できました。
自分は時間券を購入予定でしたが
時間券と比べても一日券が1000円以上お安くて
ホントにお得でしたよ。
まして早い時間には元旦と言う事でそこまで人が来ておらず
それでもね、10時過ぎ位からは何時の模様に外来の方がお見えになっておりました。

 現在の富士山はやはり真っ白に化粧はしておらず
この地域は今年はまだ大して積雪が無いようです。
やはり朝一のゲレンデはカリカリが気になりましたが
天気が良かった事で早い段階で緩んできたのが幸い?
もうね、何度リフト乗った事やら。

 そんなウィンタースポーツを楽しめるのも後数か月。
始まったばかりだけど終わるのも早いんだよね。
今を楽しまないと!

かぐらみつまたスキー場

かぐらスキー (1)かぐらスキー (2)

 昨日は新潟のかぐらみつまたスキー場へ行ってきました。
以前記事に書いた事できっちり行ってきました。
っと言うのも、途中で他のゲレンデがちらついてしまったのですけど……。

 先日からやっとオープンした岩原スキー場も湯沢ICから。
関越トンネルを抜けた頃に雪が舞っていた事で
グラついたんですよね、気持ちが。
それでも一度くらいは有名なゲレンデを滑ろうとね。

 でもやはりちょっと失敗したなぁ……っと思ったのは
朝一で滑ったゲレンデが硬かったから。
数日雪が降っていないのが関係しているのかな?
風も強めだし、標高も高いから
どうしたって夜に硬めに締まってしまうのでしょうね。
その上日差しが無いと雪質が緩まないし
かなり厳しい環境の様に思えました。

かぐらスキー (3)

 スキー場は大きく老舗の所なので
駐車場もしっかり大きくて
早朝からかなりの車が押し寄せておりました。
このスキー場はもう一つ『 たしろスキー場 』も一緒で
『 かぐら・みつまた・たしろスキー場 』なんですね。
そしてそのスキー場へは二つのロープウェイと
一つのゴンドラで行く事になります。
みつまたスキー場とたしろスキー場からロープウェイ、
そして苗場スキー場からはドラゴンドラと言う形で行けるのですね。

 ある意味かなり不便な場所のスキー場です。
それでもずっと人気がある事で続いてきたスキー場。
…………なのですけど、
自分的な印象は悪い方向でした。

 最初の方で書いた通り、
標高が高い事でかなり寒さを感じます。
特に風がスッと吹いただけで日差しがあっても凍えそうな感じになります。
それ以外に、自分の好みのゲレンデ、コースが殆ど無かったのがね。
エリア的にみつまたエリアは初中級者コース、
かぐらエリアが中上級者向け
たしろエリアに関しては行っていませんが
情報には初級者向けになっています。

 そのみつまたエリア、
一番最初に滑った事でゲレンデの硬さが気になった事と
とてもうねりが大きなコース、ゲレンデの印象でした。
そしてかぐらゴンドラへと向かうゲレンデはかなり急で
初心者、初級者には難しく思えました。

 かぐらエリアとみつまたエリアを結ぶ連絡コースは初級者でも大丈夫でもあるのだけど
滑り出しのうねりがきつくて、
その後は緩斜面、時にふたたびうねりがあって
所によっては漕がないと進めない斜面も。

 かぐらエリア、
かなり厳しい斜面が多いです。
が、コブはならされている事でなんとか滑れますが
広い割に滑走ルートが案外皆同じ場所を選ぶ様で
変な混雑が感じられました。
そこからちょっと離れた場所に魅力的なコースがありました。
田代湖に向かって滑り降りるゲレンデ。
このスキー場で一番何度も滑りましたね。

 時間が許せば田代スキー場へも足を運びたかったのですが、
朝一のゲレンデの硬さと年齢的な体力の衰えを感じ
昼前には山を下りる事にしました。
おかげで帰路は眠気との戦いで…………

 かぐらスキー場、
面白いゲレンデは在りましたが、
個人的には何度も訪れる事も無いかな。
ネットの記事でよく見るのは
シーズン期間が長いのでシーズン初めと終わりに楽しむ所だと。
ノーマルカレンダー
<< 02
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード