FC2ブログ

ついでに足を延ばして……

 予定以上に早く真田4城を巡れたので、
この後どう動くかを少しだけ考えた。
そこで思いついたのが以前スキー帰りに寄りたかったけど寄れなっかった
『 吹割の滝 』を見に行く事でした。
この吹割の滝も真田街道の途中に在るんですね。
真田街道自体が片品村からって設定の様ですので、
もろにスキー場に関係していたりするわけで、
因みに片品スキー場は行った事がありませんが、
その隣の尾瀬岩鞍スキー場は何度か行っています。
かなり面白いコースですけど、
寒さもかなりの物ですよ。

 さて、沼田の街からはその真田街道へ出て
IC前を通過して真っ直ぐ真っ直ぐ進みます。
かなり昔はこの途中に椎坂峠があり、
かなり渋滞のイメージが在ったのですが、
2013年にトンネルが開通した事で解消されたようですね。
ただその峠のドライブインがかなり印象の残っていたのですけどね。
今は閉鎖してしまった様です。

 吹割の滝の近くにはドライブインの様なお店が立ち並んでいます。
そのどれかを利用する事に躊躇するのが自分で、
以前見かけた市の無料駐車場の位置を知っていたのでそこを利用する事に。
しかしこれがまた大変な体験をする事に…………。

 吹割の滝 (1)
無料駐車場から吹割の滝へ行くには大通り沿いに行くのが良さげです。
しかし信号を渡った先に『 吹割渓谷遊歩道 』との看板を見つけて
『 これを行けばさぞいい景色に出会えるだろう!” 』
っと思った自分があさはかだった……。
まずその入り口にある十二山神社でお参りして……
吹割の滝 (2)
少し階段を下りて脇を見ると木々の間から滝が見えた。
これは普通に滝なんですけどね。
吹割の滝 (3)
とここまでは順調だったのだけど、
直ぐ目の前に現れたのが……
吹割の滝 (4)
これね、行って来ての部分しか見えませんが、
実は行って来て行って来てしているんです
その上地面に丸太を植え込んだ階段状の斜面をまた上がって行くのね。
これだけでどれだけ息切れしたか……。
吹割の滝 (5)
少しして振り返ったらかなり見下ろす感じの坂道を上がってきた感じ。
ましてこの近辺も『 熊出没注意 』の看板と、
手作り感満載な鈴と言うかプロパンガスの頭を引っ掛けたものと
手ごろな木や金づちのクマよけのベルが延々と並ぶ遊歩道。
そしてやっとたどり着いた第一観望から見下ろした吹割の滝は……
吹割の滝 (6)吹割の滝 (7)
うーんちょっとと言うか感動が薄いと言うか……
確かに渓谷としてはそれなりに良い感じではあるのですけどね。
でも遊歩道から見下ろしたのでは今一です。
もしこれが紅葉の真っただ中ならもう少し感動はしたかもしれませんね。

 先に歩みを進めると
遊歩道もかなり高い位置をキープしながらも段々と下って
やっとの所で川を渡る橋が出てきます。
川の中州に作ら得たお堂の前を過ぎて
再び橋を渡る時に写したのがこちら。
吹割の滝 (8)吹割の滝 (9)
 渓谷としては悪くないんですよね、
ただもう少し紅葉が…………
そして反対岸に渡ると川沿いに遊歩道が整備されておりました。
正直言ってこの遊歩道だけを利用しても吹割の滝は楽しめます。
ハッキリ言えばこちらがお勧めです。
自分は上流から近づく事になりましたが……
吹割の滝 (10)吹割の滝 (11)吹割の滝 (12)吹割の滝 (13)
もしもっと近くへ寄れたら
かなりの絵が撮れそうですけど、
危険なのも事実で、
紅いコーンとロープが張ってありますので、
それ以上は自己責任での判断…………いや、
判断する以前に止めておきましょう。
流れはかなり急で足を滑らせたら一気に…………
吹割の滝 (14)
因みに自分が歩いた遊歩道と言うのは、
最後の写真の岩のもっと上を歩いていたとここで気づきました。
かなり高さはありますよ、
側面からざっと20数メートルは上です。

 こちらの遊歩道も川へ降りるのにかなり下がりますから、
昇るのも結構ヒーヒー状態。
その途中にお茶屋さんが在ったりしますが、
見向きもせずに自分の車の所へ……
ここもまたかなり距離がありました。
やはり道沿いのドライブインを利用したのが利口みたい。

 これでとりあえず満足…………
あ、昼食摂り忘れました。
ので高速の赤城SAで適当なラーメンを食べて帰路に着きましたとさ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 11
2019
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード