FC2ブログ

軽小海別へ 2

 そういえば今さっき思い出しました。
この場所って『 分水嶺 』だったんですよね。
ブラタモリでやっていたやつ、
水が日本海側に行くか太平洋側に行くかって奴です。
県境ばかり気にしてそういう事を忘れておりました(汗)
長群熊野神社 (1)
はいその県境。
今回は見晴台から歩いて5分程度の所にある道路上です。
そして180℃反転すると
長群熊野神社 (2)
熊野神社です。
正確には群馬県側が『 熊野神社 』
長野県側が『 熊野皇大神社 』だそうです。
夫々にそれぞれのお役の方々がいらっしゃるそうです。
もちろん御朱印も夫々違うものを頂けました。
現在は夫々に3種類の御朱印が用意されており
私は普通の物ともう一つづつを頂いてきました。
もちろんお参りもきちんとそれぞれにしてきましたよ!
長群熊野神社 (6)長群熊野神社 (3)
でもこちらのお参りって、
片方をお参りしたら一旦山門を出てもう一度出直した方が良いのかな?
自分はそのままお隣にスライドしてしまったけど
これって『 手抜き 』に思われるのだろうなぁ……
もしできるなら参道の真ん中に手摺でも作ったら……
って神様が歩きづらくなるからダメですね。
なら参道を二つ細い物を…………って
一緒にある意味が無くなってしまうか……。
やはり夫々がそういう気持ちで臨んでくださいって事でしょうね。

 所で長野県側の熊野皇大神社側を進むと
山の中に入って行く階段と看板があります。
長群熊野神社 (5)
奥宮と言う看板の下に『 真田社 』ともあります。
こちらまでは10分程と書いてあったので行ってみました。
が、今の時期は枯葉が多くなっていて
道自体がけものみちなのでどこが参道か判らないくらいでした。
長群熊野神社 (4)
それでも道をたどりながら歩みを進めるとありました。
小さな祠と小さな鳥居に『 奥社 』とありました。
自分はこちらしか判らなかったのですが、
その道中に『 真田社 』と言う
真田幸村が松井田城を攻める際に必勝祈願をした場所があったそうです。
そちらも小さな祠があるだけらしいのだけど
自分は全然目にしなかったなぁ……。
足元ばかり気にして見落としたのでしょうね。
また今度足を運ばないといけない理由が出来てしまった(汗)

 今回奥社を目指した時に感じたのが
けもの道とは言えあまり人が踏み入れていない感じで
地面がかなり柔らかかったです。
その為普段使わないモモや脹脛近辺の筋肉を使うので
体調管理と足元の準備はしっかりしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 12
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード