FC2ブログ

京都日帰りだらだら行 Part9

 嵯峨嵐山駅を出て、
そのまま京都駅に向かっておりましたが
気が変わって丹波口駅で下車。
向かったのは梅小路機関区。
現在の今日と鉄道博物館です。

 正直言って梅小路機関区は中学生の頃からの憧れ?でした。
なんとなくSLが好きな所があって、
Nゲージも少しだけ初めて、
青梅鉄道公園でSLで遊びもしたのですが、
一番の憧れが扇形車庫とターンテーブル、いわゆる転車台です。

 この転車台、最近になって知った事ですが、
数年前まで八王子駅に在ったのですね。
とは言っても実際に動いている所を見る機会は
自分が一人暮らししている時代でも無かったと思われます。
その頃には既に前後を反転させる必要のないディーゼル機関車が使われていましたからね。
ホント、自分の周りには案外鉄道に関わる物が多かった様です。
実際母方の祖父は青梅線のSL機関士だったし、
拝島駅はこちらも撤去されてしまいましたが、
日本一長い踏切が現存していた訳で、
そこを何度も利用した思い出もありますよ。
とは言え鉄道BIG4程夢中になっていないのも事実。
それでも京都鉄道博物館です。

 最初は中に入るつもりは無かったのです。
開場前に着いたのが4時近かった事と、
自分が京都へ向かう時間を考えると
観覧時間が1時間しか無いので迷ったのですが、
結局入館料1200円を支払い入ってしまった。所へ
梅小路機関区 (1)
DD51にご対面ですよ!
昔はこの系統のディーゼル機関車が拝島駅構内や
操車場を行ったり来たりしていたのですよね。
ボンネットの上の羽根がくるくる回転している所も良く見えたし、
ディーゼルの独特の音も良い感じに響いて
ときたま警笛を鳴らして貨車との連結でガシャンと言うのと、
引き出し始めた時の貨車同士の連結器が連続して
ガシャガシャガシャンっと響き渡るのもうるさくもあり楽しくもありました。

 しかし博物館内は早回しで巡って、
一番目的のターンテーブルと扇形車庫へ急ぎました。
丁度その頃SLスチーム号が戻ってきて
ターンテーブルを使うと言うイベントがあって!!!
梅小路機関区 (2)梅小路機関区 (3)梅小路機関区 (4)梅小路機関区 (5)
 いやぁ短時間ですけど入った時間が良かった!
好い位置で場所取りできたし、
写真もそれなりに取れたし、
SLの生走行を見られたのはホントラッキーでした。
まして見られたのがC61でしたから、
かなり大きめの車体の転車シーンが見られたわけで、
それが一回転半したのもね!
大興奮した時間でした。

 そんな急ぎ足の京都日帰り旅、
鉄道博物館からは京都駅まで歩き、
適当なお店で早めの夕食を摂り
帰りの新幹線は18時5分発。
折角の窓際なのですが、
直ぐに景色も夜に落ちて
見るものも無いので早々に寝てしまいました。
因みにこれで自宅へたどり着いたのは10時前ですからね。

 9回に伸ばした京都巡り、これにて終了。
またいつの日か再び京都へ???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード