ガンプラ

 そんな感じで再びガンプラ作りに話が戻ります。
ガンプラ (5)
 先日作った轟雷がパーツの多さと細かさに苦戦したので
次に何に手を付けるか迷いました。
そしたら押し入れの奥からこちらが出てきまして……。

 シャー専用ズゴック、
これ最高の出来じゃね?
っと言うくらいパーツの余りも
ポリキャップの余りもありませんでした。
気持ち良い位完成度も高いし
満足度も高い。
その上異形のスタイルに惹かれますよね!
ホントこいつがあって良かったよ。

 何も考える事無くぱちぱちと組み上げ
迷う事無く完成までこぎつけました。
その上立ポーズもスッとしているし、
爪が開くギミックも好い。
着色も必要ないだろうし、
スミ入れしなくてもこれだけ見栄えが良いし、
ホント大満足です。

 GWが始まる前、
これが切っ掛けだったんだよなぁ……。
ガンプラ (6)
 過去のプラモと現代のプラモ、
どれだけの違いがあるかと言うと、
完全に違いますよね。
最初のガンダムのプラモデルは
間接等がゆるゆるすぎたりガチガチすぎたりで
ポーズをつけて遊ぶなんて事はあまり考えられませんでした。
特にギャンなんて盾が重すぎて必ず傾くし、
垂直に立たせるのも困難だったのにね。

 ドムの話に戻ると、
ドムにしろズゴックにしろ身体のパーツは殆ど一体型でした。
それが今は頭部や腹部にギミックを埋め込み
違和感のないスタイルに仕上げて完成できる。
ましてドムの肩の中を着色しないパーツを組み込んだり、
頭部のモノアイ部分にも透明板を入れたりと
ここまで拘るかぁ!
って感じでした。

 あとね、フレームアームズガールを組み立てた後だった事で
パーツが多少多くても細かくないから気が楽でした。
ただ、やはり武器を持ったポーズをとらせる時に
手がぽろぽろ行っちゃうのは残念ですけどね。
昔はポーズの為に関節を接着すると言う技もありましたけど
今はそんな必要も無いから。

 そういえばドムに関してはリックドムとドムと作り分けが出来る様になっていましたけど
それらのパーツを見て何処がどう違うの?って思った事も(爆)
いや、お尻部分はなんとなくわかるのですけど、
足の裏を拘るのが…………。

 流石ガンプラですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード