ミュシャ展を改めて……

 先日の夕方にNHKでミュシャ展の特集を放送していた。
自分は一度生で展示を見た訳なのだけど、
改めて大まかな情報を手に入れた事で
もう一度見る時に何に注意するかがなんとなく決まった気がした。

 女優さんが道案内として語ってくれた番組は
とても分かりやすくて好印象だった。
自分はそこまで美術を見る姿勢が無い物だから
大雑把に『 何かを感じる 』事に終始する。
とは言え、結局何かを掴めているかは判らないし
自分の物になっているとも言えない物もあるし。
案内と言う物があるのだからそれを利用すれば良いのだろうけど
どうにも自己流にやってしまう。
それでも先日見たスラブ叙事詩等の作品は
そう言った背景の情報が必要なのだろうと言う気持ちはその時に持てました。

 チェコに関しては高校生の世界史でほんの僅かに触れた事は頭に残っております。
とは言え、『 何度も何度も他国に翻弄された国 』と言った程度。
それと中学生の音楽で『 モルダウ 』を合唱した事もあり
それらの適当な知識でもあるだけでなんとなく感じる部分もあったのだと認識する物の、
圧倒的な知識不足は事実でしょう。

 今回見たその番組で十分に知識が補われたとは思いませんが、
それでもミュシャの生涯を知ることが出来
子孫が残っている事も知ったのは良かった事ですね。
それとチェコにある天井画も一度は見て見たい気持ちになった事実
自分は外国に行く気持ちにはなった事がありませんが
少しだけ気持ちは動いたかな?
まだまだ腰は日本の地べたに食いついていますが…………。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード