帰路

 草津からの帰り道、
ふっと思いついた写真を撮る為に駅に向かいました。
と言うのは、
草津へ向かう途中で見かけた光景。
『 郷原 』と言う駅で見かけたのが
桜と駅のホームと鉄道柵と言う構図なのですね。
ハッキリ言ってどこにでも見かけられるものですが
案外いい感じに揃っているのは見つからなかったりします。
なのでホントはその『 郷原 』まで戻ろうとも考えたのですが
ローカル線の駅なら似た様な物だろうと探してみました。

 先に向かったのは群馬大津と言う駅。
一応こちらでもそれらが揃った絵は撮れましたが
少し違和感も。
なので次の羽根尾駅にも足を延ばしました。
こちらの駅は土手の上に有り
構内を見て回ると操車場がありまして……。
鉄道柵も駅のホームもあるのですけど
桜は枝垂れで土手の下。
その構図でも写真は撮れるのだけど…………。
帰路 (1)
最初に撮った大津の写真をあげておきますね。
こちらは踏切もあるのですけど、
出来ればホームに覆いかぶさる桜の絵が欲しかったんですよね。
個人的なイメージは青梅線の宮ノ平駅等がイメージなのですけど
かなり昔のイメージなので現在はどうなっている事やら。
既に桜の時期は終えてしまったので
来年への持ち越しです。

 その後は軽井沢ICを目指して北軽井沢へ。
振り返ると白根山はやはり雲に乗っかられてました。
帰路 (2)

 そしてここまで来るとお約束の浅間山が見たくなり
鬼押し出し有料の休憩所まで移動。
以前撮った時は雪景色だったんですけどね。
もう残雪の浅間になっていました。
帰路 (3)
何故か?何時のも場所から雲が盛り上がっています。
って活動中の火山ですよ。

 しかしこの距離で見るからか?
浅間山も富士山も物凄くパワーを感じます。
この感覚はこの数年なのですけど、
最初は富士山で河口湖近辺を走っていて感じたんですね。
富士山へ向かうと車のエンジンが辛いよ!って気を吐いているのを感じてから。
浅間山も山麓の道路を走るとウネリが凄かったりしますから
段々とそんな風に感じる様になったみたい。

 そういえば、浅間山荘って浅間の山麓には無いんですってね。
あれは南軽井沢の別荘地方面だそうで、
ネットで調べてみたら一度近くまで行った事がありました(笑)
それも軽井沢に初めて行った時にね。
冬で雪はそれなりに在りましたけど曇った空の下
てくてくてくてく歩いてその別荘地下の池を目指して……。
でも、当時の冬の軽井沢は夏の避暑地でしか無く
人なんていないしバイパスだってたいして車は通ってないし
遠くにオシャレなペンションも見えたけど窓の明かりは消えているし。
喫茶店なんて財布の中身と相談しても入りづらかったし
やっている喫茶店は駅前位しかないし…………。
ホントなんでそんな場所に行ったかは…………軽シン…………。

 さ、後は上信越に乗って藤岡PAでガト―フェスタハラダのラスクを土産に帰りまして……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード