本屋にて……

 先日、とあるコミックスを探して書店へ。
しかし最近は一冊のコミックスを書店で探すのに
一苦労している気がします。
っと言うのも、以前購入していたのは大手出版社の物が多く
大概一まとめになっていたものですから。
しかし現在の書店の棚の状況は…………

 自分が書店に勤めていた頃は
小学館・講談社・集英社の少年向けコミックスの棚は一列。
青年向けコミックスの棚は半々に分け、
少女向けコミックスも半々ってな具合になるべく揃えるように努めておりました。
自分の居た所は書店とは言っても僅か10数坪の店でしたので
これでもかなり無理して品ぞろえをしていたのですよ。

 しかし段々と角川や現在のメディアワークス……は以前は主婦の友社
富士見書房等がコミックスを出し始め、
人気の作品はアニメ化したりメディアミックス化してきて
棚の整理が追い付かない状況へ来ている様です。
自分が居た頃も大判サイズのコミックスは人気の作品だけ置くために
ごっちゃごちゃに整理がつかなかったのが事実。
それでもまだ背表紙などがそれぞれに違っていて判り易い感じだったんですけど
現在はどの出版社でも雑誌に寄る『 レーベル 』を作って分けてしまうので
どの作品がどのレーベルなのかが判らなかったり
出版社を調べずにタイトルだけで探すのが難しくなってしまっています。
とあるタイトルでは違う出版社から販売されたって事もありますしね。

 現在書店が閉店に追い込まれているってのは
こういう部分にも原因がある気がします。
昔の少女漫画を挙げると週刊も月刊もマーガレットだったら王冠マーク。
ちゃおも少コミも同じマークで統一・
唯一講談社は上の色で赤はなかよしで緑はフレンドって色分けしていたのに
今どのコミックスも背表紙が絵付きになっていたりで
判別しにくい感じ。
その上小さな出版社が人気アニメ作品のコミックスを出してい来たりして
それが余計にメディアミックスで外伝コミックスや
四コマ系・本編の二次創作系等がぞろぞろぞろぞろ。
それも判るんだけど、
そうしないと売れないって状況も判るんだけど
あまりにもごちゃごちゃしすぎて購入に待ったが掛かるんだよねぇ。

 今大手出版社のコミックスでも
過去作品の続き話的な作品が続々と出ているけど
これも困ったもので、
良い具合に完結した物が続かれて
途中までは良かったのに展開が長くなり過ぎて段々とセカイを壊していく。
結局過去の作品までがダメに見えてきてしまう。

 現在のマンガ事情、
一体何が何やら…………。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード