草津国際スキー場

 草津 (1)
 皆様お馴染?のゲレンデです。
天気予報などで草津を紹介する時、
特に冬等でかなり映るゲレンデです。
実はこの写真を撮った位置の後ろに建物があり
その屋根の上にカメラが設置されておりました。

 と言う事で草津にスキーに行ってきました。
書きたい事沢山、撮った写真もたくさん!
どうぞお付き合いくださいませ。

 草津に行くには東京方面から関越自動車道の渋川伊香保インター利用が推奨されております。
実際その道を使いましたが、現在は八ッ場バイパスなる整備された道が伸びており
インター降りてからは殆ど道沿いに一直線な感じで到着しました。
距離は60kmとかなりありますが、一般道を利用した時間が6時頃で
土曜日と言う事で然程通勤途中の車に遭遇する事も無く
スキー場駐車場へも7時過ぎに到着できました。

 スキー場の駐車場に関しては行く前から考えておりました。
と言うのも駐車場が天狗山第一~第六まであり、
それ以外にもいくつかあって。
でもその中でも一番利用しやすいのは何処だろう???
って情報があまりないんですよね。
やっとこ『 第四が一番近い 』と知り
そこを利用したいなぁ…………っと思ったらしっかり利用できました。
第四駐車場はゲレンデと直結している感じで車のそばまでスキーを履いて近づけるような処でした。
ただし、この駐車場の人気は高く、連休の時は先着順って事で
やはりもう少し早めに到着できるのが理想なのかな?

 スキー場の施設も判り易く纏まっている…………っと思ったのですが
チケット販売所が建物に納まっており、
更衣室やトイレ休憩所と同じ建物内でした。
これは川場やGALA等も似た感じに思えますが
老舗のスキー場では珍しくも思いましたね。
で、チケットの販売時間がリフトの営業時間の10分前ってのも驚きました。
大概30分前位から販売してるところが多いのでね。

 さて、ゲレンデですが最初の一時間は殆どが天狗山ゲレンデのみ、
その後順次上の方のゲレンデが開いて行きます。
が、草津はかなり広範囲のスキー場でこれが中々……!
草津 (2)草津 (3)草津 (4)草津 (5)
  まずは天狗山近辺のゲレンデ。
昨日は天気に恵まれて最高にコントラストの良い絵になりました。
二番目の写真は天狗山から草津温泉を見下ろした物ですが
スキー場と温泉街がかなり近く感じますが、
実はそれなりに距離があります。
ただ匂いは何処も臭いです(爆)
ええ硫黄の匂いですね。

 天狗山のゲレンデ、TVで使われている映像の斜面はかなりきつくて
コブもできやすい様で自分が見ている間は滑る人がホントに居ませんでした。
自分も滑りづらさを何度か感じました。
その斜面をぐるっと迂回するコースが2つ林を挟んで在り
適度な斜度で初中級者には人気でした。
草津 (7)
 これはその天狗山の上のリフト降り場の小屋の様子?
しっかり雪が吹きついて…………ただ最近の降雪は無かった様なので
これは実は人工降雪機の仕業なのではないかと……。
割とゲレンデ全体が乱れていなかったのは
一日を終えた後に今でも人工降雪機を稼働させているのではないかな?
その方がシーズンが長く続けられるわけですから。
草津 (6)
 こちらは子供広場の建物?
ちょいとメルヘンチックです。
が、自分には用が無い代物で近づきもしませんでした(笑)

 草津 (8)草津 (9)草津 (10)草津 (11)
 8時50分になると上のゲレンデに上がれるリフトが営業を始めます。
それとほぼ同時にロープウェイも営業を始め、元白根ゲレンデまで行けるようになります。
その為の移動のクワッドリフトが長い長い!
その分高速リフトの様で割と早くロープウェイ乗り場まで辿りつけた印象もあります。
クワッドリフトは長いので多少の景色の変化が見られました。
写真だけアップして解説は遠慮しておきます(爆)
クワッドリフトの降り場には青葉山ゲレンデと言う二本のゲレンデがありました。

 草津国際スキー場のリフトは割と短めのリフトが多い印象です。
天狗山のも青葉山のも、元白根ゲレンデのリフトも短いです。
その分何本も滑ることが出来てリフトの上、寒い!って印象も薄いです。
が、ロープウェイとこの殺生クワッドリフトの二本は移動目的要素がある事で凄く長いです。
ただ、ロープウェイは何度も乗って滑ってを繰り返し出来るコースがあるのに対して
殺生クワッドリフトは天狗山まで下りたらリフトを一本登って改めて乗る形で
それ専用的なコースが無い事でちょっと面倒にも思えました。
ましてそのコースは初級者向けのコースなので余程理由が無いと利用しないかな?

 草津 (12)草津 (13)草津 (14)
 こちらはゴンドラから見たコース。
それと右の写真の山がスキー場の頂点です。
左の二枚の写真のコースは天気が良かったり、
風が強かったりすると滑走禁止になります。
理由は写真でもわかる通り雪崩が起きやすいからですね。
風が強いとゴンドラが止まるし、
温かいと斜面に何も無いから雪が少し崩れただけで全部が崩れる様子が想像できます。
でもね、このコースはかなり快適でついついスピードが出てしまう、そんな感じです。

 草津 (15)
 さて、もう一つリフトに乗って草津の頂点を目指しました。
が、そのリフト、横風が強いからかリフトのイスが少な目で
移動速度も遅めでした。
その分リフト待ちが発生してましたね。
安全を考えれば仕方ない事です。
流石にここまで上がってくると寒い寒い!
これを利用するのならしっかりと暖かい服装をお勧めします。
草津 (16)草津 (17)
 で、山の上ではこんな物が見られました。

 山の上はこういった物も見られるし、遠い山なども見通せるし
雪質は最高だし!って利点はありますが
下山コースはそれなりに急な所や狭い所があります。
ボーゲンが出来れば普通に降りられると思いますが
ここから天狗山ゲレンデまでは8kmの超ロングランになるとの事で
初心者だとかなり大変です。
が、途中途中にゲレンデやレストハウス等があるので休みを挟めば大丈夫でしょう。
草津 (18)草津 (19)草津 (20)
 所々でこんな景色が見られます。

 昨日も半日券で遊んできたのですが、
個人的にはもっと遊んでいたい気持ちになりました。
リフトが短いと身体が冷える前に一本滑れるので気持ちも続きます。
最近のスキー場はリフトが眺めで一本一本長く滑れるのは好いけど
リフトで身体が冷えるのが残念です、
草津の場合、長く滑るならロープウェイを利用すれば長いコースを何度も楽しめますし
初級者のうちなら短いリフトで何度も何度も滑っている方が良い面もありそうです。
特にボーダーの人ならリフトに乗る度に板を半分外すので
ある程度滑れるようになったらロープウェイのコースが凄く楽しめそうです。

 コースマップを見ていた時には初級者向けで
旧いタイプのスキー場のイメージでしたが、
温泉場と言う事もあり、長期宿泊しても楽しめそうなスキー場でした。
実際、高速のインターを降りてからが遠いので宿泊で楽しむ方が良さそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード