天国から来たチャンピオン (ネタバレ有)

 仕事中にふっと考えてしまった。
現在も公開中の『 君の名は。 』
何度も話題にしている様にかなり気に入っている作品なのですが
あちこちに不満な部分があったり。
それを自分好みにする妄想が時々浮かぶのです。
今日はラストシーンへの進行部分で三葉の表情が不細工に感じた事から
その近辺の自分好みの展開を考えてみた。

 何処から書き換えるかと言うと新宿高層ビル下の歩道橋ですれ違う辺り、
丁度『 なんでもないや 』が掛かるシーンあたりからですね。
本編では電車の中でお互いを見つけるのだけど
そのシーンの表情ってかなり不細工ですよね?(笑)
ましてその後の展開がお互いが意識していながら階段ですれ違う。
ある意味ドラマティックではあるのですけど意図的にも思えてしまうのが好みで無い!

 ではどうするか?
高層ビル下の歩道橋ですれ違うのは活かす。
寝起きのシーンも活かす。
瀧も三葉もあの階段で普通にすれ違う様な展開に持って行き、
すれ違う直前に三葉の組紐がほどける。
それを瀧が拾い声を掛ける。
三葉も組紐が落ちた事を意識して振り返る訳なのだけど、
そこで相手の顔を見て何かを感じる。
瀧も何かに気づく。
でも単に組紐を渡しお互いにそれぞれに一歩を踏み出そうとして
同じタイミングでやはり振り返る。
そこでお互いに『 何処かで見覚えが………… 』みたいな感じで
ラストのセリフに繋げていく…………。

 っと言った妄想を仕事中に繰り広げた訳ですよ。
で、改めてその展開を思い描きながら
『 こういった落ち着いた展開は自分の好みで、
  一般的に判り易いのはやはり本編通りなのだろうなぁ 』
なんて一人で振り返っていたのだけど、
この(自分の考えた)展開はどこかで似た様な作品があった様な…………
『 天国から来たチャンピオン 』
あぁ、あのラストシーンそのまんまだわ!(爆)

 天国から来たチャンピオンもかなり好きな作品で、
以前も記事にしましたけど、
やはり何度も見ている作品です。
ただ映画館では見た事が無いのですけど。

 この作品は主人公が天使の間違いでうっかり自分の身体を失ってしまい
その代わりの身体を求めて他の人に入れ替わる形。
ただその途中で愛しい人と巡り合うのだけど、
思いが届きそうな時に再び身体の寿命が訪れてしまい
再び他の人となって…………
説明が難しいので作品を見て下さいね!(爆)

 そんな作品のラストシーンが何度も何度も相手を見てしまうという
何かを確かめようといったお互いの行動が
何とも言えない良い雰囲気を醸し出しているんですよねぇ。
憧れます!

 で今見つけたのがこちら!
『 Henry Mancini & Orchestra - Heaven Can Wait 』
やはり気に入った作品には気に入った音楽って事なのでしょうか?
エンディングに流れる曲が聴けます!
この曲、不思議と聞きたくなることが多いのですよね。

 所でこの作品、ラストシーンは未来への希望を持った終わり方をします。
そこは『 君の名は。 』も同じですよね!
見終えてスッとする感じが自分好みです。
 あ、こちらの方が映画のテーマ曲そのままだわ!
『 DAVID GRUSIN - HEAVEN CAN WAIT 』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード