The Beatles

 先日、NHKのBSプレミアで放送された
『The Beatles 来日50周年記念番組 』を見た。
自分はその数か月後に誕生したのだけど、
英語の授業や音楽などで触れる機会が多く、
絶対的に普遍的に誰にでもこの音楽は届くものだと思い込んでいた。
実際番組での扱いはそういう感じに思えた。

 番組は進行役?の女の子を抜かせば
凄く楽しめる内容だった。
馴染のあるThe ALFEEの二人と財津和夫が出演してくれたことが
個人的には嬉しかった。
まして財津さんのyesterdayが聴けるとは!!!
とは言え、アルフィーは妹の影響で、
財津さんは兄貴の影響でそれぞれ聴く様になったのは…………。

 番組で歌われた歌の殆どに
訳詞を入れてくれたことが凄く良かった!
特に森高の歌ったHELLO、Goodbyeの詩に衝撃を受けたり!
元々洋楽は歌詞の意味が解らず
ノリで聴いてきただけに凄く身になった。
とは言えすべてを受け入れられるわけでも無いんですが(汗)

 今も動画サイトさんに上がっている曲を聞きながら更新しているのですが、
自分にはどうしても馴染めない傾向の曲も少なからずあり、
やはりヒットナンバーだけを聞いていた方が良いのかな?

 で、この話を職場のパートさんと話そうと思ったら…………
20代のアルバイト…………曲を聞けば判るかも?
30代のパートさん…………同上…………!?
ええっ!?
もうホントジェネレーションギャップを感じてしまいましたよ!
音楽や英語の授業で聴いた事無い?
の問いに対しても無かったそうで。
で、現在一番なじみが有りそうなCMの話題を出して
キリンの一番搾りだかでAll you need is LOVEが使われている事を思い出し、
歌って見せたらなんとか判って貰えた感じで…………
いやぁまさかです。
自分としては何時までも誰でも知っているグループで
曲でって思いこんでいただけに、
その事にカルチャーショックを受けたみたい!

 まぁ実際最近はCM等で使われる機会も減ったし、
外で聴く機会自体もかなり減っているし、
現代では自分の好みの音楽だけを購入するし、
何処でもそれだけを聴くって事を考えると、
内部に侵入するのは無理な話なんですかね?

 兎に角現在は身近に色々な物が溢れているだけに、
色々な物を知る機会が限られてしまっている、
触れたところでピンポイント過ぎて印象も残らないのかもしれませんね。
音楽は共通語、ビートルズは共通語って思っていたんですけど
ホント、ショックでした…………。

 で、後から気がついたのだけど、
お宝鑑定団のOPがHELPじゃん!
完全に忘れていた(汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード