竹原たまゆら憧憬の路2015 part6

 帰路のサンライズエクスプレスは出雲の7号車。
瀬戸と出雲のドッキング車両に乗りました。
姫路発23時35分でしたが、前回岡山を利用した時は22時30分発でした。
瀬戸や出雲から乗らないのなら、岡山からの乗車をお勧めします。
特に岡山駅では瀬戸と出雲の連結場面に遭遇できるからです。
って、昨年その写真をアップした様な???

サンライズ (1)サンライズ (3)
 で、この7号車は殆どの部屋がシングルなので、廊下がこの様になっております。
昨年のソロ車輛の場合は階段が各部屋に設置されており、
この程度の幅の廊下が向こうまで続いていたのですが、
シングル車両の場合は車輛へのドアを通過した後に階段が現れます。
上下ともに歩きましたが、172cmの私が難なく歩けます。

 扉の作りなどはソロの車両と変わらず、
簡易暗証番号を入れてロックも出来る優れもの。
で、私の部屋は階段を昇ってすぐ右の部屋でした。
が、部屋に入るのは後回しにして、
瀬戸との連結部分がどうなっているのか興味があったので行ってみました。
サンライズ (2)
かなり判り辛いと思いますが、車両の連絡通路は真ん中にあるものの
それをつなぐ通路、扉が片側に寄っているので斜めに繋がってる様に見えます。
しかしこれを外から見るとこんな感じ。
サンライズ (12)
これでずっと走っているんだなぁ…………っとしみじみ思ってしまった。
それと改めて考えると、この上に運転席があるんですよね?
何処にそんなスペースがあるんだろう???っと
疑問に思ってしまいそうです(笑)

 今度こそはシングルルームの中の話。
サンライズ (5)サンライズ (6)サンライズ (7)サンライズ (8)
 ソロの車両ではスリッパとベッドの上までの距離が1m以上あり、
その間を立て目の階段?を3段で繋いでいました。
しかもその階段の段差が激しく女性にはかなり使い勝手が悪そうです。
まして立つスペースは階段部分しか無く、
その場で『 回れ右 』も苦しいくらいの広さしかありませんでした。
洋服を脱ぐとズボンを履くのも一苦労。
 今回のシングル部屋はベッドに座ってスリッパを履けます(笑)
部屋の中でも余裕で立てます。
窮屈さは皆無ではありませんが、ゆとりを感じます。
サンライズ (4)
ただ上階だったので屋根にアールがあり、
このブラインドカーテンの収納ボックスに頭を何度もぶつけました(爆)
とは言えその辺の配慮は出来たもので、
頭をぶつけても角が当たる事も無く、
『 ぶつけちゃった! 』程度で済みますので安心です。

 ベッドの脇には荷物を置くスペースがあり、
キャリーバッグならスリッパのスペースも利用できそうです。
その上にはハンガーも有りますので、
今回は車両に用意されていた浴衣で寝ることが出来ました。
ソロの部屋では浴衣に着替えるのさえ苦労するのであきらめたんですよね。
ま、最悪の場合は廊下でお着替えって…………(笑)

 そうそう、今回は部屋に入って数分後に車掌さんが乗車券のチェックに来ました。
ソロの時は乗車券チェックが無かったんですけど……。

 ベッドの幅ですが、ソロに比べて僅かに広い様なのですが
その広さを感じる事はありませんでした。
が、万が一ベッドから落ちても安心!っと思える物はあります。
ソロの場合、ベッドから落ちてしまったらどうなる事やら…………(怖)

 サンライズに乗る時には、その頃の日の出の時刻をチェックしておくことをお勧めします。
って、海側の部屋を取れた時の話なのですけどね。
サンライズ (9)サンライズ (10)サンライズ (11)
ちょっと早く起きて、車窓からの日の出を見るのも良いですよ!
今回富士駅を過ぎたあたりに起きて、
ずっと外を見ながら写真を撮ったのですけど、
今の時期だと熱海を過ぎたあたりで日の出になるのですけど、
お日様の形が判るのはそのずっとあと。
写真は小田原・国府津を過ぎて大磯・平塚辺りでしょうか。
もうその頃には6時20分を回って横浜に着くのも時間の問題。
6時50分には横浜です。
サンライズ (13)
サンライズにもお別れ。

 そんなこんなな道中でした。
余談ですが、
今回行きの新幹線の中ではノートを一冊新調して
君望のSS等も久々に書いてみました。
こちらは元々Blogにアップ予定でしたので
適当な時期に公開して行こうと考えております。

  さて、ラストに……。
サンライズ (14)
よくよく考えてみたら、
自分の住んでいる場所の最寄り駅では
日常的に電車の連結作業や切り離し作業を見る事が出来るんですよね。
子供の頃には貨物列車の切り離しとか入れ替えとかも見れたし、
そういう事に恵まれた地域に住んでいたので、
当たり前にどこでも見られる光景だと勘違いしていました。
最近は珍しい光景になりつつあるようですけど…………。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レポ乙

遠征レポ、楽しく拝見させていただきました。
竹原は勿論、サンライズの旅も面白そうだなぁと思いました。
シングルとかソロとか、昔私が乗った寝台とは随分と違うなぁと思って調べてみたら、ノビノビ座席というのがあるのですね。
でも完全にカーテンで隠れないから、やはり勝手が違うのかな?

車内の日の出、姫路城の夜景、竹原の夕日と、色々な写真を撮られていて凄いなぁと思いました。
今年も竹原遠征、御苦労様でした。
たまゆらの映画も残り2作ですが、次の憧憬の路の回は特に楽しめそうですね♪

Re: レポ乙

 もう数週間で三部目の上映が始まるのですね。憧憬の路回ですけど、ぽってのセリフの意味が…………。気になるぅ!!!

 のびのび座席は周りの雑談や衣擦れの音等からは逃れられない様な状況なのでは???
個人的には個室が安心です。盗難等からも身を守る事も出来ますからね。
安い点ではのびのび座席はお得ではありますよね。もしかしたら隣の女の子と仲良くなったり(笑)でも、寝相・いびきの酷い人が来る確率も…………。面白そうではあります。

 日の出・夕陽はいつでも『 撮りたい対象 』だったりします。夜景も憧憬の路絡みで面白く感じてきました。でも、今撮りたいと思っているのが、竹原の町並み保存地区の『 雪景色 』99%無理な事は承知していますが、あの町が雪に包まれた絵は見て見たいなぁ…………。って、雪がそもそも降らない、積もらない場所でしょうけど…………。
ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード