竹原たまゆら憧憬の路2015 part3

 話は前後しますが、
竹原駅に着いてお出迎えを受けたのがこちら
竹原 (1)
 呉線が80周年と言う事で、
ももねこさまで作られた80と言う数字。
あまり近くで見るとあらさがしになっちゃいます(笑)
あ、このことを伝えるのを忘れていました、ごめんなさい m(_ _)m

 そして駅舎を抜けるといつものお出迎えが
竹原 (3)
 何故かももねこさまもお出迎え。
因みに大きいのと小さいの一つづつが私の持ち物(爆)
もう一つは他の方が提供されました。
その時に駅前に集っていたたまゆらファンは一斉に写真を向けたとか???

 ちょっとした盛り上がりも見せ、
久々にお目に掛かれたのが
竹原 (2)
 ももねこタクシー。
一台しかないんですね。
しっかりタクシー乗り場の順番待ち列に入って行きました。

 今回は駅を出て商店街に向かうのではなく、
別の方向へ足を向けました。
呉線に沿って大通りへと足を運び
竹原 (4)
 このアングルであっているのか?
こちらの踏切だったよなぁ…………
っと下調べが全然できていませんでしたが、
この踏切の写真を収めたかったのです。
ホントはもう一つ、呉線を潜るガードの写真も欲しかったのですけど
駅からここまでの距離がそれなりにあって、
この後は海の駅へと足を向けたので
ガードは次回に回しました(爆)
って、たまゆらの聖地巡礼になってしまっていますね、完全に。

 そして海の駅にはありました!
やっぱり!!
竹原 (6)竹原 (7)
 こちらにはたまゆらファンは少なめでしたが、
それでも数人若い人を見かけました。
あ、あったのはたまゆらラッピングフェリーです。
イラストは変わっていませんでしたね。
そして、海の駅にもたまゆらグッズの売り場があって…………
もう街のあちこちにたまゆらグッズ販売しているお店が……
ましてそれぞれにオリジナル商品を展開している様な状況が(笑)

 たけはらの町の人に馴染んでいるたまゆらと言う作品。
内容的にも良いですよね、
どんな人にも広く受け入れてもらえているようです。

 あ、っとアップし忘れた写真が一枚。
竹原 (5)
 竹原の町を象徴する煙突の会社?
これは踏切から海の駅に行く途中にありました。

  今日は短縮版で纏めて見ました。
呉線のお話とか、竹原の商店街の話とかまだまだ
gdgdな記事になるネタはありますので、
まだ明日に続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード