ちょっとだけ引っかかって……

 先日、ちょっとだけ引っかかって見てしまったTV番組で、
外国の人達が思う日本のパンについて、
新たな面を知りました。

 最近日本のTVでも、ネットの上でも
『 日本のパンが美味しそう、美味しい!たべたぁい! 』
的な声をまとめたサイト、番組等を見かけます。
それをそのまま鵜呑みにしていた訳でも無いのだけど、
褒められている様な内容は得てして悪い気はしないよね。

 所がその番組で取り上げられていた
外国の人達の本音と言うのが
『 毎日食べたいとは思わない 』とのこと。
日本のパンが総じて甘いのが『 おかしい! 』と声を上げている人も居たようです。
その原因は日本で使われているイースト菌による部分が大きい事、
外国との地域的な違いなども取り上げていたのですけど、
個人的に一番気がついたのが
『 パンが宗教的な部分と繋がっている事 』でした。

 全ての人がそうだとは肯定されていませんでしたが、
信心深い人は今でもパンの裏を十字に切ってから口にするとか。

 日本でも物を食べる事に感謝の意味で『 いただきます 』と口にするけど、
日本の場合、感謝する相手は神様ではある物の、
どちらかと言うと土地とか恵みとか、
自然に対しての感謝だと思われます。
と言うのが神道であったり、地域信仰であったりの部分ですよね。
でも向こうの人の神様と言うのはとても人間的な
人に対しての感謝なのではないか?
っと言う風に思えるコメントがあったのです。

 そういう番組を見て、初めて自分の中で国の違いとか、
日本でのパンと言う物が見えた様な気がしました。
と言うのも、今までは『 パンは主食 』って感覚でしかなかったんですよね。
外国の人にとっても日本人の『 ごはんが主食 』っと同じ様にしか思えてなかったのです。
色んな物を食べる番組を見ていても、
パンをスープに着けたり、パンに物をのせて食べたり。
結局パンはパンとしか見ていなかったのに、
そこに宗教的な感覚が加わった事で、
パンに意味がある事に気がついた訳です。

 で、その番組はどういう展開をしていったのかは
最後まで見ていなかったので判らないのですけど、
そういう意味ではとっても役に立った番組ではあるのですけど、
これからは個人的な意見。

 もう一歩踏み出して、
日本のパンの成り立ちや何故こういうパンの種類が増えていったのかを
その人達に教える事で相互理解をする。
もちろん見ている日本人も外国のパンの価値を
改めて知る事で理解を深める。
そういう展開の番組であってくれたなら、
とてもポジティブな風に見えて面白かっただろうなぁ……っと。

 今のTV番組は
日本万歳的な物が多いし、
それはそれで悪くないのだけど、
多面的に見る必要はあるだろうし、
そういう機会を切欠を作ってくれるような番組だったら
応援したいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード