古田織部展

 大晦日だと言うのに、お出かけしまして……
銀座松屋は8Fの
『 没後400年古田織部展 』
織部焼の名品を集めたイベントです。
元々は昨日コミケ帰りに寄る予定でしたが、
予定が変わった事と、
今日もアキバに用事があったので、
重い腰が上がったついでで足を向けてみました。
しかしほんと、本物は見ておくものですね!

 古田織部を知る機会になったのはNHKでのアニメ『 ひょうげもの 』と
その原作コミックから。
『 織部焼 』なる言葉は聴いた事がある物の
何も知らないでアニメを見て、大まかにどんなものかは判断し
その上でその人物の所有していたものや集めた物。
お茶には全然縁のない私ですが、見分を広める意味でもこの目で見て来たことが本当に良かった!

 展示物の最初は時代の若い物?
まだ名を挙げていない頃?の武具馬具具足、
特に兜は目を惹きました。
良く時代劇にある形の変わった兜の実物を見て、
どんな素材で作られているかを知り納得した事で陣羽織や小袖等の柄を見る。
とても変わった模様が織られていたり、
色鮮やかであったりと判り易く世界に入り込めました。

 次に並んでいたのが大きな器と小さな茶入れ。
茶入れは初めて見たものですから、
実際の大きさが判った事と形の整っている所に何かを感じる気がしました。
コミックや写真では見たことがあっても、
やはりこれも実物を目の当たりにしないと
って、判らないんだけどなんかわかるみたいな?
『 凄い! 』ってのとは違うんだけど『 なんだろ、これ 』
って表現も間違っているだろうけど、
なんか自分の中で感じている部分があったり…………
残念ながら大きな器ではそういうのは無くって(爆)
あと水差しに関しては一切何も判りませんでした。
話も前後しますけど、水差しは形の『 ひょうげたもの 』も
たとえ釉薬の妙とか言われても全然判りません。
でも一品だけ、水差しだったと思うのだけど、
上が箱型でくびれがあって、そこにはくの字の耳があって
下は円筒形の水差し(花ざし?)を見て連想してしまったのが
『 NO MORE 映画泥棒! 』のカメラ男が空を見上げる図。
空を仰ぎながら腰に手をやっているなんて絵を想像して
お腹の中で笑っていました(笑)

 水差しは判らなかったけど、
茶碗はなんだかどれを見ても『 崩れている様で纏まっている 』と感じました。
理には適っていないのだけど、
なんだろ?存在感があるって事かな?
下手に扱えない様な軽々しさは無かった様に思えました。

 向付の器とか割山椒の器とか、
今でいう小鉢の物も形や色の違いはある物の5つで一揃えで
絵柄も違っていて統一されている、
纏まっている感はあったなぁ。
一見『 変な絵 』に思えても、案外繊細だったり、
大雑把だったり。
でもそれで様になっているのが面白かったです。

 それとアニメやコミックスでも目についた『 茶杓 』
こちらも現物を見る事が出来て、
なんか感動しました。
もっと小さなものだと思い込んでいましたけど、
案外大きく、形も似て非なる物であって、
良く古田織部で使われておりますけど
『 ONLY ONE!  』なんですね。

 いや、正直こんなに興味の無い物なんですけど、
色々と感じました。

 で、豊臣秀吉はプロデューサーって表現があって、
古田織部はそれじゃぁ?
となるとやはり『 デザイナー 』なんでしょうか?
目利きでありトレンドを作りって感じに
カルチャーコーディネイターでもある感じですよね?

 いや、ほんと、面白い物を見てきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あけおめ

なかなか良い物を見て来られたようで羨ましい。
茶器の名物は鎧や刀とはまた違った美しさがありますよね。
天目茶碗とかその最たるものだと思うのですけど・・・なかなか観る機会がなくてw
東京だったらチャンスは多いと思いますから、織部に限らず、戦国の美を体験できる機会があれば是非行かれてみては?
 
と、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします、リアルでお会いできれば尚良しってことで。
 

Re: あけおめ

  今年もよろしくお願いしますです!
ワンフェスでご一緒できれば良いですね。

 今回展示物鑑賞にこれだけ満足するとは思いませんでした。機会があったら、何かと出かけてみようと思います。そうですね、その時代に関連した物や近辺の催しを探してみようかな?特に上田流等にも興味が湧いてきましたし。
ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード