金沢市内見学 ( 能登半島近隣探訪 Part5 )

 湯涌温泉から金沢市内までは車で1時間も掛かりません。
朝早かった事も幸いしたのか、渋滞も無く兼六園の脇の市営駐車場に車を突っ込めました。
しかし金沢ってのは…………。

 最近私は地図を見る機会が減っているようです。
車のナビばかりを活用しているからって事も一つの要因でしょうけど、
あの小さな範囲で街の全容をつかむことは難しいので、今更ながら一冊は手元に道路マップを揃えておくのが良さそうです。
って、実は車に一冊道路マップが載っていたんですよ。
でも、それは関東甲信越版で金沢市もかすかに載って…………こんなの判るか!!!って程度でした(涙)
何を言いたいのかと先に言ってしまうと
『 途中で道に迷った!(なさけねぇ) 』ってことです。

 兼六園の周りには市営駐車場があちこちにあるようです。
私は手近な駐車場を選んでしまった為に道に迷ったり、あとあと面倒な体験をしたり…………。
その駐車場の目の前には石川県の物産館があったものですから
『 これはお土産を買うのにちょうどいいや! 』程度に考えておりました。

 ところで兼六園ってどんなイメージをお持ちでしょう?
私は単に平坦な市内に広がっている公園ってイメージでした。
が、これが全然違うんですよね。
実際は金沢城の裏庭的な存在なのでしょうか。
金沢市内は平坦な土地に思えましたが、お城に関してはそこに
どでかいで盛り上がってる!!!
って感じです。
それも半端無い大きさで‼
駐車場から兼六園まで数十メートルの高低差があるのではないかと思いました。
その上斜度もきついんですよね。
車でも苦労するんじゃないかな?
しかしその坂の脇にはお土産屋さんが並んでいて、まだ9時だと言うのにお客さんに声を掛けていました。

 さて、兼六園ですが…………写真を撮ろうと思ったのですけど、今一つ良いアングルが見つけられませんで………・…
って、普通に日本庭園が広々と…………何処を行っても人人人!!!
実は歩きづらい靴を選択した時点でこの金沢市内巡りは失敗していたのかも(爆)
それと兼六園の話題と言えばやはり『 雪つり 』ですよね。
こればかりは季節の物ですから。
しかし現在兼六園と金沢城は無料開放をしており、だから余計に兼六園を早めに切り上げてしまったのかも。

 そんな訳で兼六園から金沢城へ橋を渡って移動しました。
kanazawasinai (2)kanazawasinai (3)

 金沢城の印象は、とにかく広くて芝生のていれば行き届いているって感じです。
芝生の周りに柵が無いので普通に入ってしまっても良いのでしょうけど、
その一歩が躊躇われるほどでした。
ま、子供たちはキャッキャキャッキャと寝転んだり側転したりしていましたけどね。

 とは言え、広い敷地をぐるぐる回る体力は残っておらず、その後の予定もある事で、
ここも早々に切り上げて、次の場所へと足を向けました。
金沢城入り口の所に周辺の地図があったので、それを思い出しながら犀川大橋を目指したつもりが…………

 あれっ?ここに神社があるんじゃなかったっけ???
 えっ?!近江市場!お魚には然程興味も無いけど、話のネタに中を通ってみるか…………
 えっと市媛神社口、そんなのがあるんだ…………
 っと、市場から出たけど神社らしきものが見当たらないなぁ……
 じゃぁ犀川大橋を目指そうかな…………えっ?金沢駅???
 あれ、あれ??金沢駅と犀川大橋の位置関係が判らん…………
 ま、金沢駅でも写真を撮りたかったからそちらに行ってみるか…………

 ってな感じに行き当たりばったりに行動してしまったものだから
やたらだだっ広い交差点で地下遊歩道に入ってしまったり、
駅に向かっているはずなのに人気が少なく感じて、
こぎれいな建物ばかりがドーンどーんと立ち並んでいる姿に萎縮してしまったりで
ついつい脇に見つけた交番に『 近所の地図を見せてください! 』
っと足を踏み入れてしまったのです(汗)
もうね、半分パニックに陥っていたのかもしれませんね、ちょっと大げさな表現ですけど。
そこで観光地図や物の位置をしっかり確認できたことでその後の行動がスムーズになりました。
お巡りさんには市内循環バスを進められたのですけど、
自分的にはその街を肌で感じたい処だったのでテクテクと巡ってみました。

 kanazawasinai (1)

 私はどうにも四角四面に地図を見る癖がある様で、金沢城や兼六園の区画も資格になっていると考えておりました。
その真正面に金沢駅があり、お城の斜め左に犀川大橋がある物だと考えていたのですけど、
歩いてみたらもうわずかな歪みがあちこちにあったり、まっすぐに道は通っていないからいつまでも金沢駅が見えなかったり
あとね、金沢駅周辺が新しい事を意識しすぎている様な気もしました。
だから何もかもが大きくて、逆に人気が感じられない街になっている気がします。
で、やっと見つけた金沢駅!
この写真を撮った事で満足しましたが、今調べてみたらその先に大きなショッピング街があったようですね。
ま、そこに行ったところで目的がある訳でもなし、現在の自分的には十分満足しました。

 そして足を向けた犀川大橋。
同じ道を戻って今度は県道?国道??157号線を南下…………そういえば、
日本海側に来てから東西南北を意識する事が無かったですね。
これもカーナビのおかげなのでしょうけど、その代償的な部分もありそうです。
しかしこの道沿いは人気があって活気を感じられました。
普通にデパートが立ち並んでいるのはこちらだったようです。
年配の方から学生らしき仲間たちが楽しそうにあちこちに向かって歩いている姿を見ると
どこも変わらないなぁって気になりますね。
やはり金沢駅の周辺は変だよ。
どちらかと言うと東京駅周辺のオフィス街の…………やはりあそこはオフィス街だったのかな?

 kanazawasinai (4)kanazawasinai (5)
 苦労してたどり着いた犀川大橋です!
ここもやはり『 花咲くいろは 』の背景として使われた場所。
丁度目の前を市内循環バスが通ったので、それがまたボンネットバスを模した形だったのでパチリ!

 ところでこの『 犀川 』の犀の字、どこかで見たなぁ…………って、当たり前だ。
室生犀星の生誕地だったのですね。
日本文学等でよく名前を見かける人、私も数作品読みましたけど、
他にも軽井沢にも縁があった様な気がします。
実は犀川大橋の側に犀星の記念館がある事を今知りました(爆)
ただ、その川沿いの道を南下すると犀星の文学碑がある事を看板が示していたので
それを目的に歩いてみたりしたんですけどね。

 その碑を見た後は交差点に掛かって、ここからは北上して自分の車を置いた駐車場を目指します。
が、途中で立ち寄ろうと思った場所へちょこっと寄り道。
kanazawasinai (6)

 その信号からはそれなりに距離はあるのですけど、
『 21世紀美術館 』です。
実はこの美術館で作品を展示している方が、先日の宿に宿泊したとの事、
宿のマスターがその彼を迎えていろんなエピソードを酒の席で教えてくれたことでここへ寄ろうと思っていました。
が、この施設は人気が高い様で入場券を手に入れるのに大行列。
企画展が人気なのか常設展が人気なのかは判りませんが子供も楽しめる美術館のようです。
で、この美術館の作品の一つは無料で上から見る事が出来るって事なので
その上撮影もおkだったので写真に収めてきました。
その作品が宿に泊まった人、レアンドロ・エルリッヒさんだったそうです。
kanazawasinai (7)kanazawasinai (8)

 この美術館に関しては、また今度時間を作って見に行ってみたいと思いました。
が、いつになる事やら…………。

 その後は道に迷うことなく、無事に駐車場へたどり着きました。
約3時間の金沢見学。ホントは茶屋街とかも回りたい気持ちもあったのですけど
下調べが全然できていないので見送りました。
やはり下調べは大事です!(爆)

 っと言う事で、この時点で11時30分。
目的地は行っても行かなくてもっと考えていた富山県の城端という街。
今日中に自宅に帰るのだけど、別に深夜に帰宅しても問題は無いだろうし、
翌日のコミケは行っても行かなくてもって気持ちで城端を目指してみました。
その記事はまた次へ続きです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード