塩船観音 交通安全祈願

 昨日うっかり記事にする内容を
殆ど忘れてすっ飛ばしてしまったので
改めて記事にしようと思います。
で、昨日使った写真をそのまま使って…………

 siofune.jpg

 塩船観音の入り口にあたる山門(仁王門)です。
こちらはつつじを山一面に植えており、
花の頃に訪れる方も多いです。
が、その時期には山の整備料として入山料を徴収しています。
まぁ然程高い金額ではないので一度訪れるのもおすすめです。
ただし、駅から歩きで35分、
バスを使ってもバス停から10分程歩くことになっております。

 車でなら、
つつじの時期で無ければあちこちに無料の駐車場がありますので
気楽に訪れると良いです。

 で、交通安全祈願ですが、
この山門の左わきに道路が整備されております。
ちょっと細道ですが、
普通の乗用車なら余裕で通れますが、
すれ違いが出来無さそうなのが…………(笑)
でも、道も2・3百メートルなのでそんなに問題は無いと思います。

 その奥に広場があり、
祈願受付のお社?がある前に交通安全祈願堂があります。
まず、祈願受付で申し込んで車を祈願堂前に移動させてしてもらいます。
そして約30分程読経とお祓いと祈願を
車とドライバーにしてくれます。
その後、お札とステッカーとお箸を頂けます。
祈願料は5k程。
でも高尾山でもそのくらいなので相場ではないでしょうか?

 ちなみに塩船観音は真言宗の醍醐派にあたります。
詳しい事はそれぞれで調べてもらうとして…………
私はそちら方面の知識は殆どありませんので(爆)

 あくまでも祈願であって、
それが必ず通せるものではなく、
最初に一言もらったのが
『 交通安全はまずはご自身の気持ちがあって………… 』
そう結局は自分の覚悟を持ちなさいって事です。
その覚悟を決めた印として
祈願と言う一種のセレモニーを行うって事です。
ただしお祈りの中に
車が貰い事故に合わない様にと気持ちを込めて祈願してくれる
と言う一言ももらいました。

 兎にも角にも
やはり自分の交通安全への気持ちが一番大事って事ですね!
でもね、受けてみて良かったと思いましたよ。
気持ちの中にスッと一本柱が通ったような
そんな気持ちになれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード