竹原日帰り紀行 part1 移動編

 台風一家…………もういいって?(爆)
まぁ昨日往復してきたのは正解だったのか?
今日なら途中までは行けたけど???
結局何が正解で不正解なのかはわかりませんし、
そんなものがあるとは思いませんけど(爆)
今だから言えるのは『 昨日行ってきて良かった! 』
でなければ今日gdgdできませんでしたよ(笑)
実は、朝は普通に起きられたのですけど
食事を摂って数分すると眠気に…………
丸一日そんな感じで現在夕方五時過ぎになって動けるようになりました。
それは仕事のダメージなのか、旅行?のダメージなのかは判りませんけどね。

 新横浜N700
 新横浜に行っていて良かった!!!
以前『 リリパ 』で新横浜駅を体験していたので
迷う事がありませんでした…………
って、あの駅で迷うこと自体難しいか(爆)
でも今回新横浜で新幹線に乗車することを選んだ理由は
新横浜駅の乗り換え状況を知っていたからです。
これが東京だとか品川だったらもっと面倒な事になっていたかと思うとね……。

 折角30年ぶりに乗車する新幹線だから、
せめて最初の一枚は…………と撮影に踏み切ったのですが、
やはりというか大失敗。
ちなみにデジカメなので、フラッシュは反応しない様に設定しています。

 で、新幹線の話。
30年ぶりとは言え、その時は修学旅行の同学年の友人たちとの移動。
どう思い出しても出てこない!
で、他の思い出を掘り返すと、
小学生の頃に名古屋の『 明治村 』へ親戚の子と行った事の記憶がちらほら。
その時はいわゆる0系で、ビュッフェもありました!
自由席での乗車であちこち回っていた記憶がありましたね。
ビュッフェではとても辛いカレーの匂いと味がなんとなく思い出せる感じで………。
それと各車両にスピードメーターがついていませんでしたっけ?
それ見て楽しんでいましたよね!
しかし現在ではスピードメーターは無く、
電光掲示板みたいなものがあるだけ。
ま、流石に落ち着きなくあちこち回る事はありませんでしたし、
回る場所だってトイレぐらいしかないからねぇ…………

 話を最初に戻して、
昨日出かける直前に記事にした通り、
出かけた時は大雨でした。
行く前までは折り畳みの傘とか考えていたのですけど、
もう普通の傘を使うしかない状況。
駅に着くまでにどうしたって足元はびっしょり。
それでも靴の中までは被害が無かったのですけどね。

 予定していた電車よりも一本前のを選んだらそれが青梅線の立川行き始発で
連休だからなのか、結構人は乗車していましたよ。
そんな時間だから快速や特快はまだ走っておらず、
立川で乗り換えた中央線高尾行きも、八王子乗り換えの横浜線も各駅停車。
新横浜に着いたのは乗車予定の30分以上前。
でもその時間を利用して朝食を摂れたことが良かったね!
ただお店の選択は失敗しましたが…………

 新横浜駅の新幹線改札をくぐった先にサンドウィッチのお店があったので
そこに入ったのだけど、値段はかなり高めに思えた事と、
殆ど待合室化している店内は食事も摂らない人が席を占領。
中には缶ビールをあけてる親父たちも…………
何とか一つだけ椅子を探し出して確保したのですけど、
車内で食事するよりもその場でゴミを無くしたかったので
不自由ながらに摂取。
それで乗車までの時間をつぶせたのでそれだけは正解でした。

 さて、新幹線700系のぞみ初乗車!!
行きは新横浜から岡山、こだまに乗り換えて三原まで。
残念ながら2+3並びの指定席の2側の通路側の席でしたので
景色を楽しむなんて…………
新横浜を出てから小田原まで窓はずっと雨水でボヤケタくもりガラス状態でろくに見えませんでした。
乗りなれていないから何処を走っているかも判らず
気が付いたときには静岡…………あ、東静岡駅前を見逃した???
って既に撤去済みでしたよね、だからお台場にある訳だし(笑)

 新幹線のぞみは新横浜から名古屋までのノンストップ、
今まで乗った事のあるひかりはあちこち止まっていた印象ばかりで、
そのうえもう少しガタゴトガタゴトと車内に響いていた記憶があるので
現在の新幹線の静穏状況に驚きです。
まして現在、一人の運転士が時速300㎞近い
所謂F1ドライバーの直線スピードを維持する形で走る訳で、
もちろん専用軌道って事もありますけど、
満席で1000人以上を一人の運転士が運んでいるかと思うと
もう凄い!!としか言いようが無いですね!

 そして3時間で岡山、
乗り換えたこだまレールスターはJR西日本の700系8両編成。
指定席は2+2のいわゆるグリーン車両??
わずか一時間でしたが良い思いをしました!
僅かな差なのだろうけど、くつろげましたよ。

 久々の新幹線、30年というのはどれだけの技術的進歩、
サービスが向上したのかなんて考えてしまいました(笑)

 で、三原到着!
乗り換えで呉線6駅で竹原です。

 以前も話題にしたことがありますが、
小山田いくの『 すくらっぷ・ブック 』の修学旅行編。
京都を訪れた一行が口にするのが景色の違い
近い柔らかい稜線の山の奥に尖がった高い山の無い風景。
それは東京に住んでいても目にする事が多い景色です。
その違いは瀬戸内近辺にもあるし、
それ以上に瀬戸内の海辺を走る呉線は関東平野では考えられない風景を
飽きずに見せてくれました。
山が海に迫る状態にそれに沿って走る線路。
ふとトンネルを抜けると再び民家が出てきたり
海のはずなのに直ぐに対岸(四国)が見える
水平線が見えないってのも私的には珍しく思いました。

 そんな沿線で竹原は案外広い場所に開けた街なのですね。
それでも海が近いからか、町並み保存地区では汐の匂いが漂って来たり……
ま、これは後の話でした。

 呉線は内陸に住んでる自分にとっては絶景な場所を走っていると思いました。

 ちなみに、帰路は3時過ぎの呉線と
16時53分三原発こだまで福山乗り換え、
のぞみで新横浜、乗り換え横浜線、中央線、青梅線で帰宅。
景色を楽しめたのは呉線だけでしたが、
既に席に座ったら眠ってしまって…………。
新幹線は夕暮れ&雨でとっても景色を楽しむ事なんてできませんでした。

 そんな訳で、次の記事、
竹原編です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード