さびしんぼう

 CATVで尾道三部作の『 さびしんぼう 』が放送されました。
今週中、毎朝放送予定の様ですが……。

 番組でも解説がありましたが、
思えば現在のアニメの『 聖地巡礼 』と同じ様な
『 尾道のロケチマップ 』の発行があった事も
一時期そういう活動が頻繁だった事もニュースで見たことがあります。
ただ、尾道が大林宣彦の三部作として話題に上がる以前は
小津安二郎の『 東京物語 』の舞台として勇名だったとか?
今では『 かみちゅ! 』であったり…………

 以前も話題にしましたが、
大林宣彦作品で尾道三部作と呼ばれるのが
『 転校生 』『 時をかける少女 』『 さびしんぼう 』です。
ただ、時をかける少女は一部竹原でも撮影があったとか?
そう、アニメ『 たまゆら 』の舞台となった竹原です。

 話題を戻して、大林宣彦さんの出身が尾道って事で
元の三部作以降も『 新尾道三部作 』なんてものもあるとかで
それでも初期の三部作はTVで何度か見た憶えもありますので、
私にとってはかなり印象の深い作品ばかり。
でも、さびしんぼうから既に26年も経っているんですね。
スクリーンの中の風景は、今でも残っている所は少ないのでしょうね。

 お話は、はっきり言って、最初のうちはgdgdしているかな?
ただ、等身大の学生を描けているとは思います。
最近のアニメの学生達は、
随分と大人な考え方を持っていたり、
早熟的に異性に興味がありすぎたり!
コチラの映画では、主人公の男の子は、
全ての女の子を女の子として意識する事無く、
だから自分に大して好意を寄せている女の子に対しても冷たかったり
鈍感であったり。
でも、そういう設定って映画の中では十分生きているんですよね。
ただその子を演じていた子が、その事を意識していたかどうかは???

 見所は最後の三十分。
やはり憧れの彼女と接近する辺りから、
その結末に至る所。
あまり沢山の事を詰め込まず、
伝える事をしっかりと伝えていると言う部分には
納得がいきます。

 お話の締めくくりもスッキリしているし、
単純、シンプル イズ ベスト!
って思います。

 やはり物を書いたりする人は、
こういった過去の作品も
機会があれば見て欲しい物です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード