ドラマティック!

 昨日はプロ野球クライマックスシリーズのセ・リーグ最終戦が行われていたようですが
シナリオでも使ったかのようにGが日本シリーズに進出したようですね。
まぁあの球団の財力はプロ野球界にとってどれだけ重要なのか
って裏を探ってしまうほど威力のあるものですからねぇ。
そういう風に見てしまうようになってから
セ・リーグに関しては面白みを感じなくなりました。
阪神が優勝した時の3打者連続ホームランは
ドラマティックに感動したものですけどねぇ。
Gで三連続だと相手投手がそういうボールを投げてくれたとしか思えなくなりました。
それでも長嶋、王の頃のGと言うチームは好きでしたけどねぇ…………。

 先日も記しましたが、
『 箱根駅伝予選会 』
まぁ駅伝と言う物は中々ドラマティックな場面が少ないかと、
特にこれだけ1選手が長距離を走ってしまうと
最近では『 山登り 』でのごぼう抜きが見せ場でありました。
とは言え、平地では距離が開いてしまうと後から追いかける選手たちが
追いつくまでが大変だったり、
追いついた物の結局って展開も多かったり。
この数年の新記録量産ペースになってからは
首位のチームに追いつく事も適わなくなっており、
結局ドラマ性を求める所は襷リレーになってしまう感じで、
確かにそれも見所ですけど、
最近のアナウンスは無駄に盛り上げ様としている様が見え隠れしていてね。

 プロ野球もそういう部分、ありましたよね?
現在でもあるのかな?
ラジオなどではGのチームのホームランを絶叫で伝えている割に
アナウンサーの気持ちが入っていない感じで
聞いている方が冷めてしまったり。
逆に敵チームのホームランだとあっさり届きました!なんてちょっとだけ大きな声で伝えたり
そりゃ『 ライオンズナイター はっきり言ってライオンズ贔屓です 』
と謳っていた番組ならそれも許せますが…………。

 日曜日の夕方に放送されたのは
『 ブリジストンオープン 』とか言う男子プロゴルフトーナメント。
こちらでは最終ホールでドラマが起こりました。
一組前を行く、TOPに一打差の選手が140ヤードを超える距離からのチップインイーグル!
土壇場での逆転劇も首位を走っていた選手がバーディーを取りさえすればプレーオフ。
と言う場面でその選手のボールは…………。

 はっきり言って、この放送は本当にドラマティックで
チップインイーグルをした選手の嬉しそうな仕草、表情は見ていて感動しました。
実は首位を走っていた選手を応援していた私も
これはこれで思わず声が上がってしまったほどで…………。

 TVってのは、映像だけで感動が伝わってくる物も多く、
わざわざアナウンサーが感動を演出する必要は無いんですよね。
確かに昔のオリンピック映像で『 前畑ガンバレ! 』ってのは
思わずアナウンサーの口からもれた物で気持ちも乗っていたから今でも感動できる物でしょうけど、
なんか意図的なアナウンスはどうにも余計な物としか思えなくなっております。
確かに番組は作る物なのでしょうけど、
『 感動する 』って押し付け以上に『 伝える 』事を大事にして欲しい物です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード