お風呂場幽霊  続き×3 (ちょっとは18禁!?)

 毎日ハッキリしない天気が続いて、
あまり自転車通勤も積極的になれずに…………
簡単に言うと、毎日車で通勤しちゃってます(爆)
帰宅すればエアコンを入れちゃったり(大爆)
いやぁ、この湿気の多いのだけは勘弁だわぁ…………。

 そう言えば昨夜の新着アニメ、
TBS物二つを見ましたが、
個人的には両作品ともザンネン!
サヨナラ!って感じでした。
もうテンプレートが出来上がってしまった感のある
5人以上のヒロインの構図ってねぇ…………
主人公の友人の影形すら見当たらないのも…………(汗)

 って所で、SSの方を再開します。




          - 5 -


 その日は仕事も定時できりあがり、
食事用の買い物をしていると、ふと高速のSAで食べたアメリカンドッグが食べたくなり
ホットケーキミックスと串付のフランクフルトを購入して帰宅した。
子供っぽいとは思うけど、そういう時ってあるだろ?
食べるのなら揚げたてで、皮がサクサクしているうちにほうばりたい!
駅のデパ地下などでなら何処かのスタンドで販売しているかもしれないが、
自宅近くの駅にはデパートすら見当たらない。
わざわざそれだけの為に他の駅に向かうのも面倒だ、
難しいものじゃないら多少高くついても作ってしまえ!
勢いだけだったが、そういう自炊が案外楽しい事も知っている。

 それとは別の食事の支度をしながらアメリカンドッグの準備もする。
気がつくと、何時もの時間となったので
彼女の部屋に電話を入れる。
呼び出しが何度かなりカチャっと切り替わった音声は留守録の案内だった。
勿論こういうこともある、
今日は帰宅時間が遅いのだろうと留守録にメッセージを簡単に残す。
そして風呂の準備も始める。

 やがて食事の準備も済み、
おかずの皿の脇に置いたアメリカンドッグを片手に持ちながら
風呂の加減を見に行った。
『 OK、OK、準備万端! 』
っと独り言を呟きながら食卓に戻る。
アメリカンドッグを口に咥えたまま
茶碗を持った瞬間に部屋の呼び鈴を何度も鳴らすと同時に
金属製の扉を激しく叩く音が部屋を満たした。
何事かと頭を傾げながら玄関に赴き扉を開けると
そこには彼女が半分涙目で目を瞑りながら叫び弾けた!
『 あ……な……なんでこんな時にこんない………… 』
全ての言葉を吐き出す前に、僕の格好を見て言葉をけした。
僕は片手に串を持ちながらアメリカンドッグを食べていた。
彼女はその姿を見て、呆然と立ち尽くしていた。
モグモグと口を動かし、一段落した所で僕は彼女に声を掛けた。
『 アメリカンドッグ…………食べる?…………まだ、あるから………… 』
彼女の時間は動き出し、目の脇に涙を残しながらうなづいた…………

『 今日、仕事が遅かったんじゃなかったの?今帰ってきて真っ直ぐ来たの? 』
話を切り出したのは由規夫だった。
色々と不思議に思ったので訪ねてみた。
彼女の目の前にはお皿に置かれたアメリカンドッグがある。
やがてゆっくりと口を開く彼女。
『 さっき、お風呂で見かけたのはこれだったんですね………… 』
僕は疑問を浮かべていると
『 さっき、私の部屋のお風呂であなたの姿が写ったんです。
  下半身に近い所にこれが写って…………てっきり悪戯で……その…… 』
彼女は言葉を濁して最後まで言うことを躊躇っていた。
その言葉達を自分なりに連想して、自分の答えに辿り着いた
『 あ、僕が下半身露出して…………って事ですか? 』
彼女に答えあわせを求めたら、顔を真っ赤にしながら小さく頷いた。
僕も言葉を見失い、少しの間が空いた。
けど直ぐに持ち直し、
『 今日は何か…………いつもと違った感じでしたが…………何かあったんですか? 』
そう、普段ならこんな風に飛び込んでくる事は考えられない。
そういう付き合いをしている訳でもないから、
なにかよほどの事があったのではないか?
なんて勘繰っては見たのだけど…………
彼女の方を見ると今でも俯いているが、小さく深呼吸をして話を始めた。




 
いやぁ、毎日毎日カタツムリ更新で…………(汗)
とは言え、また明日も仕事が、早出が…………
では!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード