お風呂場幽霊  -3- (ちょっとは18禁!?)

 そんな訳で、またSS復活です




 そして一言付け加えた
 『 もしかして、あなたも幽霊を見てませんか? 』




      - 3 -


 彼女は躊躇いながらもチェーンロックを外した
そして口を開く
『 あの…………、何処でお話しますか? 』
僕は最初ファミリーレストランを思い浮かべたが、
彼女に却下された。
理由は落ち着いて話せる場所、
賑やかで声を出さないといけない場所では落ち着けないとの事。
公園等では時間帯が時間帯で、
うっかり知人に会ったりすると言い訳も利かなくなりそうだ
となるとコノ場で…………
丁度その時、前の回廊を二人の女性の声が通り過ぎていった
玄関先で話す事も控えるべきか…………
自室…………と思い浮かべたが、声にする前に彼女が
『 仕方ないのでどうぞ、こちらで………… 』
部屋の中へ通してくれた

 彼女は持っているバッグを化粧台のイスに置き、
部屋の中央においてある座卓に座布団を裏返しにして勧めてきた
部屋のつくりは自分の部屋と同じだけど、
全てが対象になっていた
座布団に腰掛けると辺りを見回しそうになるのを堪えた
彼女は慌しくあちこち立ち回っている
カーテンを軽く引き、そこに膨らみが隠れている
その影から覗いていたのは洗濯物のハンガー
見ちゃいけないと思いながらも目に付いてしまったのが男性物のトランクス
けどそれも随分とおかしな色を…………色あせている???
なんのまじないだろう?
疑問に思ってしまった

 


 うーん、思ったように進めませんで(汗)
また明日に…………
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード