第三章よりも…………

 たくとプレゼンツ!
仕事中にちょっと思いついたことを記しておきます。

 オタ専ことわざ!
 『 花より だんご 大家族! 』
意味は勿論、花のように目で見る美しい物よりも、
ダンゴ大家族が一番って事です(爆)
最初はね『 花より二次元 』って考えていたんですけど、
ふと々意味の『 ダンゴ大家族 』が頭を過ぎったのでこちらを採用!
如何でしょう??(爆)

 今日は先日記した『 君が望む永遠 第二章 』の
遙が目覚めた後に出た選択肢『 少し考えさせてください 』を選んで
話を展開させてみようとプレイを始めました。
第三章はちょっとお休み、中々気持ちが入らなくってネェ…………(汗)
ま、第二章をもう一度前回でレビューする予定はありませんが、
ちょっと気になったら記してみようかと思います。
でははじまりぃ!

 遙が目覚めたという遙パパからの電話、
それに対しての孝之の反応は、遙が目覚めたというよりも生き返ったって表現。
まぁそれだけの体験をしているんでしょう。
それと、寝たきりの病人の表現は場合によっては厳しい規制を受けてしまいそうなほど
表現がきつめではありますが、確かにこれも事実と捉えられると思ってしまいますね。

 ちょっと私的な話になりますが、自分の父が亡くなった時、
ホスピタルに入院する話もあったり、医者に延命措置の有無しを聞かれたりしました。
結局ホスピタルに入る事も無く、延命措置もできないほど急でもありましたが、
最後まで自宅で過ごせた事に家族一同満足しています。
確かに父がどう思っていたのかは判りませんが、
最後に一言二言言葉を交わせた満足感があります。
父のラスト一ヶ月は、耳がかなり遠くなり、目も見えず
TVが大好きだった分、とても退屈な時間を過ごしていたかもしれません。
それでも大声で耳元で話掛ければ答えられたし、
触れ合えた事で父の死に必要以上の悲しみを感じる事もありませんでした。
父親の幸せがどうであったか、でも残された家族としては
十分できるだけの事がで出来たという満足感は未だに残っております。
もしこれが、延命措置で数年、数十年と過ごしたあとの出来事であったら?
きっとこんなに良い気持ちで送る事は無かったのではないかと…………。
最初のうちは良くても、時間が経つにつれって事はよくありますよね?
そう考えたら、この表現って何を言われても覆す必要は無い気がします。
ま、流石にそういう事を言う人たちが、こういったゲームをプレイするとは思いませんけどね(爆)

 さて、病院から出てくると、中庭に茜ちゃんが……。
話しは水月とのいちゃイチャを責める感じ…………
ここでの茜ちゃんの話って、全てが水月を責める形だったんですね。
水月が成績を落としたから孝之がフォローに入ったみたいに取れる言い様があったり、
全てが水月の仕組んだ事と思っている様で…………。

 帰宅して、慎二とバイト先に連絡して、
ここでも慎二に連絡した時に選択肢が出現。
この場合は水月に自分で話すか慎二を通すか?
もちろん孝之が自らはなす事を選択します。
で、呑みながら話す事になる訳だけど、
途中で水月を押し倒したり乱暴に熱かったりと…………
その上、水月を抱いた理由が水月を求めてって事とは程遠く
孝之にも理由が判らない衝動に駆られって事かな?
途中で選択肢がでて、無理やり続行するか中断するか。
中断を選ぶと水月が在る意味甘えさせてくれる。
そのまま抱き合って眠る事に…………

 って所で本日はお終い。
まぁこちらも選択肢次第なのだろうけど、
どうにも水月ルートのイメージが強いかなぁ……。
まぁ第二章が元々そういう色で出来ている分、
遙が印象を強くしていくのはこれからだし…………

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード