第三章

 再び着手。
君が望む永遠 第三章
現在涼宮家にて、食事を囲んでいるところで
孝之の就職の話など…………。
でも、ちょいと話の展開で先を急ぎすぎてしまった感もあります。
って所から…………

 なんと言うか、話の流れでいつの間にかパパとママが席を替わって
いきなりお酌を始めたと思ったら、
パパが壊れ気味に息子?と酒を酌み交わす事を楽しみ始めたぁ!!!
おいおい、その言い方は完全に第二章と別人ですぞ!!!
その上『 鳴海君 』から『 孝之君 』へと呼び方を自然に?変更……(汗)
お酒もビールからお母さんの勧めで?ブランデー??
うっわぁ、きつそう…………ストレートはきついので、
アレキサンダーにアレンジしません??(爆)なんつって!!

 酒の席で孝之の口から出た話は、
後で茜ちゃんとの勉強の席で話題にする遙。
孝之の両親と今ひとつ関係が悪いと言う事が、
孝之の口から出たことで多少のショックを受けたようだ。
この時点で茜も孝之が見舞いに通うのを遙パパに断られた事を知る。
さあて、孝之の軽口?が遙を余計な考えに至らせ始める?
遙は真面目すぎだネェ…………悪い事じゃないんだけど、
孝之不在で茜ちゃんと話してみたところでハッキリした答えはでません。
かと言って、孝之の適当に過ごしてきてしまった一ヶ月に
ナンデって聞いた所で答えに詰まるっしょ!
さぁ不穏な空気が漂い始めたぁ!!!(爆)
なんだか、茜に相談している遙の考え方って、
孝之が以前、遙の事で悪いほう悪い方に『 自分の所為 自分が悪い 』
って追い込んでいるの、そのものじゃないか???(汗)
って事は、似た者カップル!?
けど、この時に至っては茜ちゃんが孝之の評価を格段にageageして
遙に諭している図…………
ま、遙が現時点で精神的に少しばかり幼く表現されております。
茜ちゃんにとっては孝之は理想以上の遙の彼氏になっており、
遙にとっては一ヶ月という長い時間、自分の為に振り回してしまった事に後悔しており、
でも、茜ちゃんの見解では一ヶ月は決して長くない時間、
一生懸命やっていたらいつの間にか過ぎちゃっていた時間という解釈により
遙は孝之をもっと信用すべきとの結論。
でも、遙は…………

 デートの場所は水族館。
 
 って所で、本日のプレイは終了。
あまりできませんでしたが、まだまだ先は長い……。
ではまた!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード