FC2ブログ

岩櫃城攻め?

 本日通勤しました。
今回の台風の被害的な物として、
通勤途中の山が崩れていた事で片側交互通行になっていた場所が在った事。
それと自宅から職場へ向かう途中のコンビニが
全てお休みしていた事でしょうか。
因みに別方面から来た職場の連中の話では
コンビニ休みなんて無かったとの事。
それだけそちら方面は被害が少なめだったのかな?
とりあえず近辺ではある程度無事でした。

 と言う事で話を真田4城に戻します。
上田城を後にしたのは10時頃、
約1時間の滞在でした。
今度はもう少し知識を持って回りたいと言う感想も持ちましたね。

 駐車場から今度は菅平を目指しました。
因みにその道の名前が『 幸村街道 』となっていました。
調べてみると今回走った道の殆どが真田街道でした。
その中でも上田のは幸村街道って出てるんですよね。
何かしらこだわりがあるのかな?

 途中で菅平方面と長野原嬬恋方面への分岐点があり、
そこを過ぎると鳥居峠に出ます。
この鳥居峠を走っている頃に少しだけ寒さを感じました。
空も雲が多くて風も冷たくてね。
この辺りの紅葉も兆しを見つけた程度でしたが直ぐに色づく事でしょう。
岩櫃城 (1)
松本に行った時もこんな写真を撮りましたが、
やはり黄金に輝く稲穂はまぶしいですね。
その上ススキも良い感じになびいていて…………長閑な気持ちでの運転を心がけました。
ついついこういう所だと空いていて飛ばし気味になってしまうんですよね(汗)

 約60kmの距離、
1時間半位で目的の群馬原町駅に到着!
っと思ったら、大通りに近い方のロータリーは駅舎は無くて、
線路向こうに駅舎が在って、そこが観光案内所のある場所だった。
線路を渡って再び駅に到着!
そこで御城印を頂いても良かったのだけど、
折角なので岩櫃城への行き方を案内してもらった。
そして難なく岩櫃山登山者用駐車場に到着。
が、ここから岩櫃山登山案内所までの舗装路が急斜面で
僅かな距離なのにやたらと汗をかいた!

 岩櫃城 (2)
フット目の前の看板に『 岩櫃神社 』っとあったので
まずはお参りをして…………。
正直な話、お社は本当に小さな物で、
賽銭箱も無くて、扉の一か所にアクリル板に穴が開いていたので
とりあえず拝んできましたけど、
思ったよりも遠かったし坂もきつめでした。
岩櫃城 (4)岩櫃城 (3)
けどこんな景色を拝めます。

 こちらは山城なのでかなり見晴らしの良い所ですね。
一旦案内所まで戻り、
今度こそ岩櫃城へ向かい…………
岩櫃城 (5)岩櫃城 (6)岩櫃城 (7)
熊注意…………
この日は数日前の記事にも記したとおり、
かなり激しめの雨後なんですよね。
この道の泥濘は殆ど無くて石を敷き詰めている感じで歩きやすかったのですが、
何よりも急斜度がきつい!
スキーで言えば20度は無いにしても近いくらいの所を登って行くのですから。
とは言えあの看板の通り、
本丸まではたかだか500m…………
マジで遠かったですよ。

 写真の道を登りきったところに在ったのは中城。
岩櫃城 (8)
この草の生い茂っている中に分け入る気にはなれませんで、
道から眺めていましたけどそれなりに広さのある場所ですが、
平地らしい感じでは無いですね。
山城って建物自体はあったのですかね?
調べてみたらそれなりに活用されていた様なので、
夫々に建物はあったのでしょうけど…………
この中城の先は一端下って…………ここもまた急なんですよ。
岩櫃城 (9)岩櫃城 (10)
うっかりするとこのまま真っ直ぐ進みたくなる分岐点なのですが、
この雨どいの様な両側のそそり立つ壁の真ん中を登って行くわけです。
ココが一番ひどい場所でした。
泥濘で足はとられるし滑るし階段はあっても無いようなものだし
ど真ん中は雨水の通り道になっているからぐっちゃぐちゃ!
それがまた片足分の溝な物だから歩きづらいんですよね。
結局溝を跨ぐように両方に足を踏ん張りながら登るのが正解かな?
しかしそれ以上にここを行くにはきちんとした装備が必要。
せめてスニーカーは足にきちんとフィットした物が望ましいですね。
 
 ここを登った先に在るのは二の丸、
そしてそのお隣に本丸がありました。
岩櫃城 (11)
二の丸からは水上方面、
丁度名胡桃城方面を見渡せる感じで、
本丸からは榛名山方面を見る感じでした。
ガイドの人に聞いたらここから浅間山は岩櫃山によって見る事が出来ないそうで……残念。

 で、ここまで登るのは問題無い訳じゃないけど、
それ以上に下りがかなりの状況。
本当に急斜面の上ぬかるんでいるから靴が滑りまくるのね。
スキーの様にエッジを立てるにもエッジが無いし利かないし
あわや尻餅も覚悟しないとって感じでした。
幸いに事をなきを得ましたが、
もしこちらを目指すのでしたら数日間雨の無い日をお勧めします。
それと汗ぬぐいのタオルも必須ですよ。
岩櫃城 (12)
さてこちらで手に入れた御城印…………
三枚展示されていたので良く観ずに購入を決めてしまったのですが、
一つは岩櫃城の御城印ですが、
残る二つは近くの神社やお寺の御朱印でした。
因みに瀧峩山(りゅうがさん)は岩櫃城に来る途中に在った
観音山不動滝の物で、
もう一つの密岩神社はお隣駅郷原近くに在る神社の物でした。

 ところでこの『 岩櫃山 』
以前何度か来た時に写真を撮っており、
昔の記事でも話題にしたと思われます。
こんなに岩がごつごつと見えた山でも登山する人がいらして
その山頂は崖上りして上がるような場所な様で…………
いや自分はチャレンジできませんけどね。
スポンサーサイト



ノーマルカレンダー
<< 10
2019
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード