新刊

 この月、コミックスの新刊がかなりありました。
『 ちはやふる 』が特に気になってしまった。

 最近は登場人物が多すぎて
細かく沢山のキャラクターを掘り下げて描いてくれているのだけど
読んでる方が追い付けない部分も出てしまって
読んでいてもメインで居たキャラクターが描かれていない面もあり、
かなり残念だったなぁ。
特に部活的な面が無くなってしまったのが残念で。
これは現在の大会がそうなっているから仕方ない事なのだけどね。

 『 ヤマノススメ 』
こちらも最近は散文的な感じに思える。
メインとなる流れが無く
ただあちこち向かって描かれているけど、
描いている内容も中途半端に思えてしまう所もちらほらと。

 『 月刊少女野崎くん 』
これは面白いのだけど、
やはり段々とキャラクターが増えすぎて
メインの関係も相変わらず進展が…………ありそで無いのも。
魅力的なキャラが多すぎて活躍させられきれないのが残念かな。
それと段々と似た様な笑いになりつつある感じもしますね。
刺激に慣れてしまったと言う方が正しいかな?

 『 星野、目をつぶって 』
やたらと熱い漫画になっていました。

 しかし最近の漫画はやたらと長い作品が多くって
沢山の問題も出てきている気もします。
特に作者が望まない?
上手く纏められない展開があちこちで見受けられる感じ。
綺麗に纏められると良いのだけど、
伏線ほったらかしでも認められてしまう作品が
映像関連でも増えてきているからこだわる必要は無いのだろうけどね。

 それと長い作品は途中で読む人が諦めてしまうのもあるから
そうなる前に区切ったり、
しっかり終わらせてほしい所です。
何度も何度も読み返して
いつまでも大切にしておきたい作品って
最近は見当たらないのが事実なんですよね。
それだけ沢山のメディアが出てきているのも事実なのですけど
使い捨てな時代なだけに
自分はこれだけは大事にしたいって作品に出合えると
また違った価値観があると思うのだけど。
スポンサーサイト

大人買い

 先日コミックスをまとめ買いしてきました。
全部で14冊が既刊、
現在も連載中なので今後も続きそうではあります。

 購入してきたのは現在アニメ化もしている
『 僕のヒーローアカデミア 』
おもしろいです。
でもやはりジャンプ系なんですよね。
過去のジャンプ系作品の流れをなぞっている感じです。

 切っ掛けはアニメを見てしまった事。
とは言え先日見ただけなのですよ。
その前にも一期の頃にふっと見ただけなのですが
なんとなく気になった事と、
現在なら大人買いもし易い冊数だった。

 しかし最近は読み進めるペースが落ちたなぁ。
寝る前に少しづつ進めているのだけど
やっとこ先日のアニメ放送した部分を終えた。
それが七冊目の話だったとは。

 ジャンプ系アニメはどうにも見切り発車が多すぎて
直ぐに追いついてオリジナルの展開に持っていきがちなので
当然アニメは見る気は無く、
出来る事なら綺麗に終わってくれると良いのだけど
人気が出てしまったらそれもかなわないのがジャンプ系だし、
アニメ化で作家さんが満足してしまったら
中途半端に投げ出してしまうって例もあるし。
どうなる事やら…………。

夏目友人帳

 最近集めてはまってしまった
『 夏目友人帳 』
途中まで古本屋で集めたけど、
先日残り10冊程度を新刊本屋で購入した。
かなり面白い!

 アニメでもある程度は見たことがあるのだけど、
ほとんどが原作通りの展開なんですね。
そんな中で第一話だけがアニメで見たことがなくて、
古本で手に入れて読んだ…………数日後に
深夜に再放送が始まっていた。
もちろんチェック済み。

 この作品、
個人的には先を予測しながら読むのだけど
自分の考えている展開にならないのが面白い!
まして結末まで全然違う場所にたどり着く。
それがまた緩く優しい展開だから
とても良い感じに和む。

 アニメを見てからはずっと気になっていたのだけど、
原作の絵が自分の好みに合うかが不安だったことと、
アニメもひと段落していた事で脇に避けていたのだけど
5期目のアニメ化が確定したので勢いで手に取ってしまった。
でも後悔はしないで済みました。

 そうなってくると気になるのは
アニメ化した時の主題歌たち。
そして原作のどの話までを取り上げるのかということ。
今から放送が楽しみになってきました。

ありがとうございました!

 漫画家の小山田いくさんがお亡くなりになりました。
私個人はお会いした事がありませんが、
学生時代から憧れの漫画家でした。
長野県小諸に何度も足を運んだのも
先生がいらっしゃったからです。

 一昨年に小諸を訪れた時に
病気を抱えている事は聞かされておりましたが…………。
残念です。

コミックス二冊

 昨日コミックス『 げんしけん二代目19巻 』の発売日
と言う事で書店に行ったら
『 月刊少女野崎君7巻 』も発売していたので購入してきた。

 『 げんしけん二代目 』
はちょっとまさかの状況で、
かなり微妙な展開になりつつ
その後修正が入ったと言うか?
やばい所で別展開にもって行った事で今後どうなる事やら…………
しかし大分このネタで引っ張り過ぎ感もあるので
そろそろ違う展開
そして別のオタク系の話に持って行って欲しいとも……。
最近は完全に腐女子系の話になってしまっていて
辛い部分も有りつつの…………。
ただ普通に笑うのが難しく感じてしまった。

 そんな展開だったから
『 月刊少女野崎君 』の素直に笑える展開が最高!
大声を上げてゲラゲラ笑えるって良いよね!
インパクトが一番なのだろうけど、
初回にこれだけ笑えれば満足です。
読み返した時には初回のインパクトは薄れているのだけど
忘れたころに読み返せば再び…………
これが漫画の良い所ですよね!
ノーマルカレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード