FC2ブログ

営業終了

 昨日の日曜日、
新潟県の岩原スキー場が
今シーズンの営業を終了しました。
とても残念なシーズンになってしまいましたね。
積雪は遅く、
営業期間はとても短かったでしょう。

 関越道から一番に目立つゲレンデですから
それだけ南を向いた斜面なので、
暖かい日が続いてしまうと一気に融雪が進んでしまうのがネックです。
しかしシーズン中はとても広々として
楽しいゲレンデなんですよ。
コースって意味では難しいですけど、
自由度は高いですよ。
あの開放感は病みつきになります。

 兎に角今シーズンは残念でした。
来シーズンこそ雪に恵まれる事を楽しみにしています。
雪にさえ恵まれれば
毎週新潟に通うって…………のは
ちょっと難しいのだけど…………。
スポンサーサイト



シーズンオフ突入

 昨日も宣言した通り、
これで今シーズンのスキーはオフになります。
昨日の事で少し付け足そうと思ったので
またまた記事にしてしまいました。

 昨日訪れたのは毎度おなじみの玉原リゾート、
東急系のゲレンデです。
シニア設定が50歳以上と言う事で
自分的にはリーズナブルに感じます。
しかし駐車場代が一日1000円掛かるのも事実で
そこまででも無いのかな?っと考えてしまう事もありますが
群馬県近辺のゲレンデは大体そんな設定になっていますからね。
もし駐車場代が無くてもリフトチケットが少し高め設定だったり、
インターから遠いとかの要素もあるし、
後はホントに個人的な理由、
ゲレンデの斜度が好みじゃないとか
滑走する長さが欲しいとかそういう感じかな?
そういう視点からゲレンデを選んだりするのですけど
最近は概ね天候で決めていましたね。

 斜度や滑走距離は大体好みのゲレンデを絞って在って
その時の天候を気にしていました。
そして今回玉原を選んだ理由が、
前日の朝まで降雪があった事、
その日の晩も冷え込み過ぎなかった事。
なので車でスキー場に着く前まではかなりの雪道を走る事になるのですが
おかげでゲレンデは最高に近い状態!
凄く滑りやすい状況だったのですよ。

 今回の怪我は完全に自分のミス。
柔らかいから転んでも大丈夫!って過信から
ボックスにチャレンジして見事に捻挫。
困ったもんです。

 でもね、
膝を怪我した事で片足を庇いながら滑った事で
片足の前側に体重を乗せてコントロールする感覚を知ったような……。
これが両足で出来ると片足滑走も可能になるし、
その先にはあこがれのクロスステップも!!!
来シーズンに向けては何よりも柔軟性を多少なりとも手に入れる様にして……

 って、あぁ前向きってバカ!

怪我

 今日は急にお休みになったので
スキーに出かけたら
怪我をした。
ボックスを横滑りしようと思ったら
降り際に足を雪に引っ掛けて
膝をひねってしまった。
それも以前十字靭帯を伸ばしてしまった所をね。
前回に比べると軽いのだけど
時間が経つうちに連れて痛みも増してきて……。
スキー場は怪我をして直ぐに引き上げて来たのだけど
結局今回は3本滑って終わりになった。
これでシーズンオフ突入と自分は決めた。
また来シーズンを楽しみにしよう!
その時は痛板でゲレンデデビューを果たす事をめざして!

932でスキー Part3

草津2020 (6)
こんな所でも最近話題の……。

 草津温泉スキー場ですが、
御存知のとおり?以前のゴンドラから上が廃止されました。
本白根山の噴火の影響で
スキー場名も国際から温泉に変更になったようですね。
そして廃止されたコースの代わりに
R292コースが整備されたのですけど……。

 このR292コースは国道をそのままコースにしたものです。
青葉山ゲレンデの下からはしゃくなげコースと言うのが
以前からありましたけど、
新しく292が加わった形になったようです。
そのコースには興味があり、
国道を使っている事で平均した斜度で楽しめそうだと期待していたのですけど……

 しゃくなげコースって、緩斜面とちょっと斜度のある所と混じりまくって
途中には登り気味の所もあって
しんどいって感想がありました。
そしてR292が出来た事でスーッと滑れると思ったのですけどねぇ……
実際は安定した斜度ではあっても所々で漕がないと進めない、
平地的な所が存在していて、
このコースはクロスカントリーには向いてるように思えました。
もしくはストックを使ってスケーティングを練習するには良い場所ですね。
でもスキーボードには辛いし、
スノボも辛そうだ。
なのでR292で上がってしゃくなげで下るクロスカントリーをお勧めします。

草津2020 (4)
あと、以前から気になっていたのが今回解消されました。
と言うのがこの写真の一角。
おなりやまゲレンデにはペアリフトがあるはずなのですが、
乗り場が判らなかったのね。
以前はクワッドリフトでそのまま上に上がって
ゴンドラを使ってガンガン滑っていた物だから
下のゲレンデにはそこまで興味を示さなかったのね。
でも今はゆるゆるのゲレンデが好みになった物だから
それを探していたと言うか……。

 この写真にある建物のゲートをくぐるとクワッドリフト乗り場なのですが
その脇、建物の右を進むとペアリフト乗り場なのですね。
ましてその乗り場の上に下からのクワッドリフトが通っていると言う
何とも複雑な光景で。
慣れれば何ともない事なのでしょうけど、
初見には厳しい造りに思えました。

 さてこれで
もう3月になってしまうのですよ。
スキーもあと1・2回で自分のシーズンは終わりかな?
正直な所、アイスバーンのゲレンデはこりごりで、
ベチャ雪でウェアがびっしょりになっても
転んで痛くないゲレンデで遊ぶことにしないと
身体が持たないと言うか……。

 あ、結局今シーズンの痛板は断念という形ですね(汗)

932でスキー Part2

 草津へ上がる道路には
道の駅直前にメロディーラインがあるのですよね。
あれって積雪の上でも聞こえるんですね。
多分積雪5cmとかだと無理かもしれませんけど、
昨日は積もり始めの1cm程度で、
まさかと思ったのだけどしっかり聞こえましたよ。
ホント不思議。

 草津2020 (2)草津2020 (3)
やはり今年は雪が少ないと実感しました。
こんな景色、
シーズンが始まった頃なら良く観かけるけど、
真っ只中の今頃だったら見かけないですよ。
春先には樹の根元が丸く雪が溶けている光景は見かけますけど
それにしては積雪量が違いすぎます。
しかも前日にゲレンデの雪が溶けたのか
この日の朝一はガッチガチのアイスバーン。
普通に滑るだけで怖かったです。
しかしその上に降雪があってうっすら新雪が積もっているのね。
普通に滑るだけなら
エッジが掛からない程度で転ぶ事も少ないのですが、
ゲレンデのあちこちでコンディションが違い過ぎて
板の滑りもコロコロ変わって難しいと言うか……。
それでも時間が経つうちに普通にスピンし始めましたが……

 それでエッジが引っかかって
右肩から思いっきりダイブしたり、
眉毛脇に流血したりと
かなり転びまくりました。
いやぁ実は今でも右肩の近辺で筋肉痛が見られて(汗)

 草津2020 (7)
しかしこの日は時間が経つうちに
ガラッと吹雪いたり薄曇りに日が差し始めたりと
あわただしく天候が変わる一日でした。
ゲレンデでは天狗山のペアリフトが朝一の運行なのですが、
その後順次あちこちのリフトが動く感じで
山頂に近い方のリフトが動き始めたのは9時頃かな?
そのリフトはとても長くて
丁度そのリフトに乗っている時に
やはり吹雪が始まってきてってかんじでね。
草津2020 (5)
またまた散々なと言えそうな日になってしまっていた様な……。
ノーマルカレンダー
<< 04
2020
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード