FC2ブログ

白銀の墟 玄の月 四巻

 結局3・4巻を六日で読み終えてしまいました。
それほどまでに後半はお話が加速していき
面白さもガンガンと増していき
早く結末を知りたい!って感じでしたね。

 既にネタバレを読んでいたので
色々と結末に不安を感じる事もありましたが
しっかり楽しめましたし
面白かったです。
この先この国の展開も知りたいと思うし、
今回のメイン人物のその後がどうなったのかや
途中で分かれてしまった人物たちの動向も興味があります。
が、そこまでお話を描いてくれるかな?作者さん。

 とりあえず一周を終えたので、
再びエピソードの0を手にして読み始めました。
一周回っての事なのである程度展開を知っている分
他の面で気づく事もありますね。
本編が中国風のお話の作りだし
舞台がそうだからなのだけど、
魔性の子は現在の日本の世界観なので
ふっと物語に入りやすいと言うのがね。
そういった意味では
この後の『 月の影 影の海 』も
日本から始まる話だから
読者を良い感じに引き込んでいく作用があるのでしょうね。

 さ、二週目も楽しむぞ!
スポンサーサイト



白銀の墟 玄の月 三巻

 先日読み終えてから
3日ほどで読み終えました(爆)
『 十二国記 白銀の墟 玄の月 三巻 』
起・承・転・結 で言えばやはり『 転 』にあたる3巻目。
ようやっと主役のお一人が動き出しました!

 1巻2巻とちょっと重めで
辛い展開が続いており、
3巻目も前半は中々相変わらずだったのですが、
あちらこちらで動き始まると
段々と加速して
知らず知らずに引き込まれ
一気に読み終えたら
直ぐに次の巻を手にしてしまいました。
まさかこんな展開になって行くとは……。

 しかしまだ4巻目が残っています。
面白い事は疑いも無いのですが
一体どんな所に落ち着く事やら。
そしてその後はどんな展開が待っているのか……
噂話では、
もう作者さんは短編しか書かないみたいな話もあるようですが
それでも十二国記が続いてくれるのなら
楽しめるのなら十分ですよね!
 さ、4巻目が待っている。

白銀の墟 玄の月 二巻

 段々と乗ってきました!
全4巻の『 十二国記 白銀の墟 玄の月 』
既にネタバレも読んでいるのですが、
しっかり本編を読むとやはり止められない状況に!

 段々とこの国の状況が紐解かれて
夫々の立場や立ち位置が判ってきて
面白くなってきました。

 久々の電車内で読了は
先日の日曜日に川越に足を向けたので
その際に終えたのですがね。
次の巻を持参していて正解でした!
やはり電車内は読書に向いていますね。

 読書とは言っても小説、物語ですが
不思議と細切れになって読んでいても
頭の中でそれなりに物語は繋がっていますよね。
あれってちょっと不思議に思ってしまったりして。
まぁ所々不鮮明な部分もあるし、
そこまで記憶力が良くないので
登場人物や読み仮名を何度も見返したりって事は多いですが
特に十二国記はいちいち読み仮名が難しくもあってね。

 それでも読むのを止められないのは
それだけ内容が人を引き付けるからなのでしょうね。
いやいやこのペースなら一冊一週間で読み終えているので
再来週には既に発売されている物をすべて読み終える事になるのかな?
いや、それ以上にペースが速まって
読み終える可能性もあるか。
しかも既に最初から読み返す事が決まっているし
当分楽しい時間は続きそうです。

十二国記 白銀の墟 玄の月 1巻

 ちょっと時間が掛かりましたが
やっと一巻目が読み終えました。
思っていた以上に展開が遅いと言うか、
沢山の登場人物が現れて
なんというかね…………。

 実は既にあちこちに書かれている
ネタバレ含んだ感想を読み漁っているのだけど
現時点ではそういう展開は感じられない。
それでも話は重めで
寝る前に読んでいると
いつの間にか本が落ちて……
それも数行しか読んでいないのにって感じ。
なのは捻挫の所為もあるのかと。
何分変な所で体力を使っている感じでね。
おかげで就寝時間が30分近く早まってしまいました。
その分同じところを何度読まされた…………
いや自分が気づかずに同じ行を読んでいるだけですけどね。

 引き続き2巻目も手にしております。
さてさて今後の展開はどうなる事やら!

十二国記 黄昏の岸 暁の天

 実は既に一週間前に読み終えていました。
『 十二国記 黄昏の岸 暁の天 』
十分に楽しめました。
が、かなり重い展開が続いたなぁってのが感想です。

 しかしこの次の巻も
既に長い重い展開が続いていたりするんですけどね(爆)
それは脇に置いて、
それでも『 黄昏の岸 暁の天 』は
戴国の話の続きでした。
『 魔性の子 』の話と被っている部分もあり、
その真相的な感じでもありですね。

 アニメ版の十二国記は陽子の話だと思ってしまう展開でしたが、
原作を読んでみると案外『 戴国 』の話なのかな?
っと思う程、お話は続いています。
実際は夫々の国のそれぞれの話ですけど、
どの国の話も面白くて
それらがどう未来を描いていくのか楽しみなのだけど、
そこまで語られていない国もあるし、
未だ未だ不安定な国も多くって、
本当にどうなって行くのかは楽しみなのだけど、
結局描き切れるのかな?って疑問に思ってしまう面もありですね。
なによりこれが一人の作者さんが描いているのだから
沢山の人たちの話から出てきた話なら
描ける人が幾人も居るでしょうけど、
そうでないのだからどう締めるかが
それこそ作者の思い次第って感じになるんだろうなぁ。
ただこれの二次創作的な展開は広がりそうな感じもありますが、
それを作者が許してくれるかどうかって疑問も……。
 
 あ、現時点では自分は描けませんよ。
ノーマルカレンダー
<< 04
2020
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード