西から東へ Part4

 高木神社より歩いて1分も掛からない所に
飛木稲荷神社がありました。
ホントすぐ目の前って感じの所ですが、
こちらはお寺の敷地の一角を間借りしている感じにも見えます。
飛木稲荷 (1)
このカメラを構えた位置はお寺の駐車場スペースの様でした。

 しかしこのお稲荷さん、
きちんとお社の右側に社務所があって
しっかり御朱印もいただけます。
が、残念な事に今回細かい初穂が無かったので
断念しました(爆)
途中でジュースでも買えば十分なのにね。

飛木稲荷 (2)飛木稲荷 (3)
お稲荷さんだからやはりお狐様が中々凛々しい。
お社の所の彫り物もお狐様でした。

 こちらの神社の御神木は目立った大きな銀杏の木。
東京大空襲の時に我が身を焦がしながら町の延焼を防ぎ、
多くの人を助けたと言われている様です。
今は葉が生い茂っておりそういう所を見るにも判り辛く
確認しませんでしたが
また寄った時には確かめてきましょうか。

 しかしこちらからも良くスカイツリーが見えております。
飛木稲荷 (4)
スポンサーサイト

西から東へ Part3

 高木神社 (1)
 高木神社は本当に住宅街に馴染むように佇んでおりました。
残念なのはお社が既にコンクリート製って事かな?
高木神社 (2)
とてもコンパクトな敷地にしっかりと納まっております。
都内で他の場所でもこういう建築の神社を幾つか見かけた覚えがありますね。
下町って火事等の面を考えると
こういう方が能率的なのでしょうかね。
木造に拘ってしまうと大変ですけど、
ちょっと味気ないとも……。

 高木神社 (3)
この神社で面白いと感じたのがこちら。
絵馬が『 おにぎり 』なのね。
『 えんむすび 』で『 おむすび 』だとか。
御祭神が『 高皇産霊尊 』別名『 高木の神 』と言う事で、
その御名のなかに『 むすび 』とある事から『 縁結び 』
そして『 おむすび 』と関連しているとか。
高木神社 (5)
境内にある樹木の虚などで
こちらの様なおむすびの石を見かけました。
ホントにオムスビ推しです!

 そして境内の一角に設けられたのがこちら。
高木神社 (4)高木神社 (6)
『 からかい上手の高木さん 』
名前とのコラボの様ですけど、
こちらの神主さんの計らいもありそうでした。
若い神主さんだったので柔軟な感性で対応しているのかも!

 そして社務所で個人的に気になった御朱印帖、
高木さんとコラボしている物、
ちょっとお値段は張りましたが購入!
っと一緒に…………。
高木神社 (7)
なんかね、おむすびが可愛くって手に入れてしまいました(爆)
おむすびの御朱印帖は他にベージュと紫がありました。
御朱印を頂くと一緒に『 むすび石 』を頂けるようです。
他にも今調べてみたら見どころが在ったようで
また近々訪れて見ようかと思います。

西から東へ Part2

 自分はスマホの契約を最低限にしている。
それはお出かけした時を想定してなかった時の見直しでそうしたのだけど
最近はそれがネックにもなっている。
と言うのは、出先でネット利用を考える時に
その制限を気にしてしまうのね。
スマホにあってとても便利なMAP機能も
時々使うだけに留めて後は適当な場所で地図を見つけたりする。
交番が利用できれば間違いないのだけど、
他には地域非難の為の地図とかを使ったりね。

 今回は駅前の交番も利用しましたが、
前日の夜や当日の朝にグルグルMAPをチェックして
頭の中に叩きこんでおきました。
が、そんな必要が殆どありませんでしたよ。

 曳舟駅で降りたのは西口。
地図だとそちらの方が近いと思ったのね。
でも、実際には…………

 駅のそばにある大通りに出たのは交番で地図をチェックした後。
しかしそこの歩道には幟が出ていて
それぞれに『 高木神社 』の名前が入っている。
入り口 (1)
それがずっとこれから向かう方向に並んでいるとなれば
もう迷う事は無い訳ですよ。
ただこの高木神社は住宅街にひっそりと佇むお社。
路地をよく眺めて見つけるには…………
っと、その前に通りを渡る為に信号を探してみると
辿り着いたのは曳舟駅の東出口前……。
入り口 (2)
ましてそこかしこに幟も立っているし……。
目の前にはスカイツリーも良く見えてね。
入り口 (3)

 その幟を見ながら歩みを進めると
見上げた先には迷う事無き……
入り口 (4)
悉く事前の予習が無駄に…………

 と言いながらも実は一度目の前の路地を素通りしてしまったり。
と言うのもやはり神社の鳥居は周りの景色に溶け込んでおり
パパッと見ただけでは判らなかったのね。
それと信号にある『 高木神社入り口 』ってのも
この先になる可能性ってのも捨てきれなくて、
っと言うのも各地にこういう表示がなされているから
近辺を疑ってみるってのは常套だと思っております。
この近辺は下町なのでこまごまとした路地が
あちこちに張り巡らされているのも事実でしたのでね。

 が、今回は自分の考え過ぎでした。
その信号の路地へ入れば直ぐに高木神社はありましたよ。

西から東へ Part1

 昨日行ってきました、
前日記事にした通りに東京の西から東へ!
電車で行ったのだけど、
こちらからあちらまでは都内で交通の便が良いと言っても
1時間半かかりました。
それでも十分便利なんでしょうけどね。

 西武線に乗って高田馬場乗り換え
東西線で九段下から半蔵門線で曳舟まで!
しかし今は都内の路線にいろんな会社の車輌が乗り込んでいて
自分が乗り込んだのが『 南栗橋行き 』
…………南栗橋ってどこ?!

 先に正解を書くと
南栗橋は埼玉県にある東武日光線の駅です。
群馬県の館林市や茨城県の古河、
栃木県の小山市と言う4県の県境に近い地域にありました。
利根川沿いですね。

 しかし普段東武鉄道に乗りなれていない自分にとっては
何処まで行っているのか全然判りません。
まして半蔵門線と言うのは押上駅が終点になっているので、
その先があるとは思いませんでしたよ。
ま、おかげで押上から歩く必要も無く
目的地の曳舟駅まで同じ電車で行けたのですから
ラッキーの何物でもないのですけどね!

 しかしその所為なのか?
鉄道の運行が複雑化した為か??
帰路の話を先にしますが、
JRを利用して途中下車した立川駅、
地元に戻る青梅線に乗り換えようと思ったら
同じホームに停まっていた中央線の八王子行きが
ドアが閉まった瞬間にホームの警報が鳴りだして、
一旦検査の為に時間を掛けて点検しておりましたが、
以前ならこんな事はめったになかった。
最近は車両不具合だけでは無くて、
飛び込みも多くて
ダイヤの乱れは本トに目立つようになっているのが悲しい所。
利便性は増しているのだけど、
事故に巻き込まれる率も上がっているのは何ともね。

 って、自分が東京の東端まで気楽に行けるのは
交通の便の良さがあってなのだって事も事実だ!ってのね。

懐かしい便り

 今朝のBSで放送されていた
『 カードキャプターさくら クリアカード編 』
のエンディングクレジットにとても懐かしい人の名前がありました。
お元気なんですね!

 改めて調べてみたら以前の劇場版でも声を担当しておりました。
李緋梅は登場キャラクターのレギュラー李小狼の4姉妹の一人だそうで、
今まで完全に知らなかった(汗)
その声を担当していたのは
『 菅原祥子 』嬢。
ゲーム『 ときめきメモリアル 』のヒロインのお一人を担当しました。

 この作品で大々的に声優活動とお芝居と続けていたようですが、
やはり2000年頃になるとお名前を見る事が減り、
最近では完全に音沙汰無しだったので
久しぶりに見たお名前にとても感動しました!
あぁまだ続けていたんだなぁ……。

 今はお芝居を続けているのかも知りませんが、
何処かで機会があったら
その舞台は一度くらいは見て見たいですね。
ノーマルカレンダー
<< 05
2018
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たくと01

Author:たくと01

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード